カテゴリー : Game

DQVII初期レビュー

dqvii
届いてから10日経ちました。
3末まではハードワーク確定なので、平日はもちろん出来ず、週末も仕事のことが多くて、なかなか触る時間がありませんが、それでも時間を見つけて、ちょこちょこ進めて、序盤は抜けたかなというステータスです。今、からくりをクリアしたとこです。

リメイクをプレイするといつものことですが、完全に忘れてます。なので、全く新作を遊んでいる感覚です。名作の誉れ高いVIIなので、やはり面白いですね。(少なくともここまでは)自由度は低いので決められたストーリーを追うだけなのですが、シナリオが非常に良く出来ていると感じます。画質は3DSクオリティなので決して美麗ではないのですけど、街などはとても綺麗に描き込まれていますし、ちょっとしたアクションも表現が美しいと感じます。例えば、ルーラを使う場面でキャラがジャンプするのですけど、その細かい仕草がよく出来てたりします。

3DSで追加されたすれちがいやインターネット通信などは、やはり最初から組み込まれていない要素だけあって、今ひとつしっくりきません。まあ、持ち歩いてないので、すれちがわないというのもありますが、先日プレイしたBDFFは積極的にすれちがおうというモチベーションが働く仕組みになっていたので、わざわざ持ち歩きましたが、こちらはそこまでしようと思わない、すれちがいやらなくても本編に影響ないということで、持ち歩こうと思わないのですよね。わざわざ移民の街へ行きたいと思うこともないし。まあ、後付要素なので仕方ないですかね。もう少し本編を進めたらやりたくなるのかもしれませんが。

個人的にはFF派なのですが、DQはDQで良さがありますね。今のところ無駄なレベル上げをしなくても進められています。とはいえ、割としっかり準備してから進めたいタイプなので、この先はそういう場面も出てくるでしょうね。
VIIはとにかく長いという印象があるので、ここからまだまだ先は長いのですが、少しずつ進めていこうかと思っています。
そうそう、BDFF終わってから始めたアンチェインブレイズエクシブは、やはりダンジョン系が好みじゃなかったので、早々に止めちゃいました。

ブレイブリーデフォルトを諦めました

チョコチョコ時間作ってコツコツ進めてきた「ブレイブリーデフォルト」ですが、いったん途中ですけど止めることにしました。
(以下ネタバレあり。)

ステイタス的には、通常モード(終章)はクリア済み、レベル90、真終章でのエアリー完全体との最初の戦いのところです。6回連続で全滅させられたので、これはもうこのままの戦い方では無理だなと思いまして。回復役に導師アニエス一人を置いているのですが、「アケディア→ゼタフレア」の連続攻撃くらうと、「大精霊の加護」でBP使った後に回復魔法が間に合わず、次のターンではBP足りない状態になって負けるというパターンに陥ってしまいまして、これはもう一人回復できるキャラを置かないと無理じゃないかという結論に。しかし、残りの3人は全てアタッカーとして育ててきているので、回復役をさせるには、いったん白魔か導師で育てなおさないといけなくて、うーん、ちょっとそこまでやり直すのはきついなーというか、そこまでして真クリアしなくてももういいかなーと思った次第です。弱気ですみません。そのうち気が向いたらやり直してみたいと思います。私が途中で投げ出すのってとてもレアなんですけどね。

さて、感想ですが、中盤までは本当にFFらしさが溢れてくる非常に良くできた作品だなと感動しながらプレイしていました。が、ループがダメでした。ストーリーとしてのループは非常に面白いと思います。「まどマギ」などのループストーリーは個人的には大好きです。何がダメかというと使い回しです。同じシーンが出てきても、さっきそれを経験したキャラが全く同じリアクションをとるなんて、普通に考えてありえないですよね。どう考えても毎回違うセリフやリアクションをしてしかるべきなのに、完全に同じシーンの繰り返しは、やっててつらくなりました。冒険じゃなくて作業かと。ここんとこもう少し考えてくれてれば、とても楽しめたのにと残念でなりません。あとは、ちょっとやっぱりゲームバランス悪いですよね。雑魚戦で軽く全滅くらうことが何度かあり、萎えました。途中までは毎回ハラハラドキドキで緊張感もって戦えたので、そのバランスでも悪くないかなと思っていたのですが、さすがにL90でもサクッと一人戦闘不能にされてしまうバランスは厳しいと思います。ループとバランス、この2点を除けば、非常に面白くて楽しめる作品だったと思います。ただ、その2点って根幹を担っている部分なので、結局私の評価としては、100点満点で70点くらいでしょうか。本当に途中までは90点以上だと思ったのですけどね。すれ違い通信やインターネット接続、スクエニメンバーズとの連動など、ちょっと難しいですが非常に野心的な取り組みもあって、こういうところはとても良かったと思います。キャラクターはもうちょっと魅力が欲しかったですね。グラフィックは緻密過ぎて、確かに綺麗なんですけど、引きの絵の時に小さくなりすぎなとこがもう一つかと。総括すると、最初はまさにあの頃のFFが現代に蘇ったかと期待させたけど、途中で、やっぱりこれはFFじゃないや、って思う、そんな感じでした。

というわけで、BDFFはいったん諦めて、次はこれをやります。

DQVIIが出るまでの繋ぎというか、冬休みの宿題というか、まあそんな気持ちで購入した作品ですが、果たして楽しめるでしょうか・・・。ダンジョン系はあまり好きじゃないんですけどね。まあ、肌に合わなかったら止めて、FFIVのiOSをやるつもりでいます(というか、FFIVが出ることわかってたらこれ買ってなかったと思います)。とりあえず、奈々様のボイスと主題歌だけは堪能しようかと思います。

FFIIIクリアしました

あれ?20日発売じゃなかったっけ?って思われた方、かなりのゲーム通ですね。そうです、確かに20日にFinal Fantasy IIIのPSP版が出ますが、私がクリアしたのは、iOS版(iPhoneアプリ)です。

FFIII-0

FFIIIと言えば、1990年ファミコン向けに発売された、FFシリーズ初のミリオンを達成した記念すべき作品です。2006年に15年以上前の作品を大幅にグラフィック等を変更してDS向けにリメイク発売して、これまたミリオンを達成しています。今やFFシリーズの根幹となるジョブチェンジシステムが初めて採用されたエポックメイキングな作品でもあり、これまで多くのファンを魅了してきたタイトルです。これほど長く多くに遊ばれた作品は他に無いのではないでしょうか。そして、今、iPhoneやAndroidに続いて、PSP版が出て、そしてPSネットワークや任天堂ネットワークなどでのDL販売へも広がっていくのでしょうね。1FFファンとして、多くの人が遊んでくれたら嬉しく思います。そうそう、PSP版発売のバナー広告の文章が秀逸だったのでご紹介しておきます。

「そこに隠し通路あるぞ」新聞を読みながら教えてくれた親父は、昔 光の戦士だった

まさに時代を超えて愛される作品ならではのキャッチコピーですね。これは、PSP版発売に合わせて募集された「私のFFIIIキャッチコピー」の最優秀作品です。

私の場合、発売当時にプレイしてから20年経ってますので、正直、隠し通路の場所までは全く覚えてなかったですが、ストーリーに関しても全く覚えておらず、完全に新作として純粋にプレイできました。
夏休みにじっくり遊ぼうと思ってダウンロードして、家族旅行中の夜寝る前とかにちょこちょこ進めて、その後週末を何度かあてて、クリアしました。プレイ時間は34時間でした。

続きを読む

「テイルズ オブ ジ アビス」クリアしました

tales
年末からちょこちょことやり続けて、4ヶ月かかりましたが、ようやくクリアしました。プレイ時間は59時間50分でした。

テイルズ オブ ジ アビス | バンダイナムコゲームス公式サイト

初テイルズだったのですが、予想以上に面白かったです。

最初は、カタカナ多用の世界観になかなか馴染めなかったのですが、理解して慣れてしまえば気にならなくなりました。後半は、文字で漢字表記されていてもちゃんと頭の中でカタカナ読みが出来るようになりました。戦闘システムもややとっつきにくい感はありますが、まあ正統派のRPGなのでこちらもすぐに慣れました。一方で、ボイスが多すぎる点は最後まで慣れませんでした。ちょっとうざい。特にアニス。画像については、3DSの描画能力なので、3DCGはカクカクのキャラでいまいちなのですが、大事なところはフルムービーになっているので、許せる範囲かと。まあ、その落差がちと悲しいのですけど、物語の面白さの方が勝っていたので、満足でした。ストーリーは王道ファンタジーで、生きる意味とか人生を自分の意志で選ぶとか、よく言えば王道、悪く言うとありきたりなテーマで、シナリオとしてはもう一ひねり欲しかったところです。

全体としては、良く出来ていたように思います。基本、FFとDQ以外にそそるRPGは無いよなーと思っていましたが、テイルズシリーズを含めて3大RPGと呼んでもいいかなと思いました。まあ、1作しかやってないので、総評するには早いですけど。バンナムのテイルズスタジオさんには、頑張っていただいて、テイルズの地位向上を目指していただきたいですね。(一部ではヲタ専用なんて揶揄されてますけど)ただ、2週目やりたくなるほどでは無いですかねー。

本作は、3DSのソフトで今出ている中では、唯一の正統派RPGだと思いますので、一度遊んでおくのも良いと思います。

さて、次は何を遊ぼうかな。3DS用に限ると全く選択肢がないので、DSソフトまで範囲を広げて、ちょっと候補を選んでみようかと思います。おすすめのソフトがあれば誰か教えてください。

しかし、やっぱりこういう大作は達成感があって楽しいですね。大手のメーカーさんには、頑張って良質なゲームを作り続けて欲しいと思います。良いゲームはちゃんと買って遊びますので。

「仮面ライダーガシャポン」にはまってます【iOSアプリ】

ここ最近、ずっとガシャを回しています。
といっても、モバゲーでもGREEでも無ければ、モバプロでもモバダビでもないです(すみません)。
「仮面ライダーガシャポン」というiPhoneアプリ(無料)です。
ridergasha01
ridergasga02
いわゆるキャラクターコンプ系、ただそれだけで、特に戦うわけでもソーシャルなわけでもなく、完全に自己満足系です。
1時間に1回ガシャポンを回すことができます。でもマックス5回なので、5時間毎にチェックするのが最も効率的です。といっても、寝てる間や仕事中などは出来ないので、思い出したら起動して回しています。
続きを読む

今年のサンタは大変だ!【Game】

3dsp
psvita

昨日の3DSカンファレンスでの任天堂の本気ぶりに痛く感動したのですが、今日のSCEのPS VITA発表会も負けず劣らずの本気度を感じました。
ニンテンドー3DSカンファレンス 2011|Nintendo
SCEJプレスカンファレンスでの発表 – ブログ | PlayStation®Vita コミュニティサイト | プレイステーション® オフィシャルサイト

昨今の情勢を見る限り、ゲーム業界はもうGREEとモバゲーに占拠されてしまうのではないかと危惧しておりましたが、ハードメーカー2社が頑張ってくれたこと、それに対して良質で美麗でしっかり楽しめるゲームをソフト会社が出してくれたことに、ほっと胸をなで下ろした次第です。ちなみに、私は、ゲーム好きですが、ゲーマーではない(2~3年に1本買う程度)、微妙で申し訳ない野郎です。すみません。そんな私でも、やっぱり、自分が好きだったゲームや、楽しんだゲーム、面白そうだと思っていたゲームが、どれもこれもGREEやモバゲーで展開されていくのを見ると、なんともいえない悔しさを感じていたのでした。ゲーム性より課金機会の演出に主眼を置いた携帯ゲームなんて、私にはパチンコの代替だとしか思えないし、暇つぶしのためのクリックだけのゲームに愛着のあるメジャータイトルを冠するのはやめてくれと思っていました。ソフト会社の危機感ももちろん理解できますが、ゲームって作った会社のものであると同時に、遊んだユーザーのものでもあると思うわけです。ゲーマーの愛の上にゲームはあると思うのです。その愛を目先のマネーに釣られて踏みにじっていく、GREEやモバゲーにタイトルを提供することは、そういう側面があるように感じていました。GREEとモバゲーが次々にビッグタイトルをリリースするたびに、そのタイトルに愛を感じていたユーザー達はとても失望していたと思います。モトカノがチンピラの女になってクスリやってるって聞かされたような感じです、ビッチめ(意味不明)。
なので、昨日今日の2社の発表会はとても嬉しく思えました。ユーザーとしては、ここできちんとハードもソフトもばんばん買って、この業界を終わらせないようにしないといけないと痛切に感じました。ユーザーが支えなければ、マーケットがシュリンクして、結果的に良いものがその市場に出なくなります。今年の冬が正念場です。任天堂もSCEも本気で勝負をかけてきました。その思いに応えようではありませんか。

って、買うための言い訳なんですけどねーーー。

続きを読む

ピカチューチャージスタンドが可愛すぎる件

amazonさんからオススメメールが届きました。

【新アニメ ポケットモンスターベストウィッシュ公式ライセンス商品】ピカチュウ チャージスタンドDSi(ニンテンドーDSi、DSi LL対応)

これ、ものすご可愛くないですか?

やっべ、ほすぃー。
でも、うちに3台あるDSは、DSとDS Liteだけで、DSiじゃないので使えないようです。残念。

DSiをお持ちの方いらっしゃいましたら、是非どうぞ。

【新アニメ ポケットモンスターベストウィッシュ公式ライセンス商品】ピカチュウ チャージスタンドDSi(ニンテンドーDSi、DSi LL対応) 【新アニメ ポケットモンスターベストウィッシュ公式ライセンス商品】ピカチュウ チャージスタンドDSi(ニンテンドーDSi、DSi LL対応)

ホリ 2010-09-18
売り上げランキング : 337

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Page 1 of 212
  • RSS
  • Twitter
  • Facebook