本気のレベル

      2009/04/07

今日は午後から中目黒で仕事。


世間は3連休なのですが、この中目黒の会社(私の役職は監査役だけど、実際には公開準備の仕事やら広報やら経営企画やらって仕事をやってる)は、3月に設立したばっかり、売上もまだゼロ、これまで仕込んできたものがようやく来月くらいから世の中にお披露目される、というもう典型的なベンチャーですので、まあ社員(といっても今は4人だけど)達も危機感を感じて当然誰か出社してるだろうと思って来てみたら、、、もぬけの殻。。。
おいおい、やること山ほどあるだろうに。
僕は売上を稼ぐ仕事じゃないから、ほんとに君たちが一生懸命死ぬ気で頑張ってくれないと、どうしようもないんだよ。企画のネタの提供や提携先とかの紹介、先方へのプレゼンとかそんなことはやってあげられるけど、最終的に現場でフィックスさせるのは君たちなんだよ。
こないだ僕のお気に入りのブログに書いてあった言葉を贈ったよね。
-------------
私たちは未熟だ。
人並みの結果を出すには、普通の人以上に勉強しなければならないし、普通の人の倍の仕事をして、経験を積むしかない。
自分が動けば会社が動く。
役員だけじゃなくて、一人ひとりが、そういうエキサイティングな環境にいることについて、ポジティブに考えなきゃ。前向きに取り組まなきゃ。
from MINAKO'S BLOG
-------------
まさしく、このとおりなんだよ。
何度も言ってるけど、やらされ感で仕事してても、いいものなんてできないよ。そんな暗い顔で楽しいモノができるわけないじゃない。
つらいかもしんないけど、世の中に自分たちが創ったものが出て行く、しかも一緒に仕事していただいてる方々は超一流の方ばかり、こんなすごい状況を楽しいと思えないなら、ここで働く意味ないよ。
もう若手でもない年齢なんだから、いい加減、本気で仕事しないと。
一生に一度くらいは「すげえ頑張った」って思える時期を過ごそうよ。
僕も社長も、集まってくれてる一流の方々も、みんなそういう時期を過ごした経験があるから、今があるんだよ。(僕や社長なんてまだまだだけどさ。)
やったことないからできない、そんな言い訳してたらいつまでたっても新しいことなんてできないよ。何かに本気で取り組んだ経験があれば、どんなことだってこなせるんだよ。仕事のやり方なんてパターンがあるんだから、その勝ちパターンを自分の身体に覚え込ませることで、新しい局面でも何とか対応できるようになるんだよ。だから、パターンを覚えるまで死にものぐるいで頑張らないと。今頑張んないと、負けパターンが身体に染みついちゃうよ。
どっかの社長じゃないけど「人間の能力は青天井」だと僕も思う。でも、それは本気で努力した場合。周りの人たちの意見に素直に傾けられる耳と、苦しくてもつらくてもその先を見ることができる目と、そして深く深く考えられる頭とがあって、それらをフル回転させられた人の能力は、ほんとに青天井だと思う。
こんなレベルでいっぱいいっぱいになんないで。
期待してるから口うるさく言ってるんだから。

 - mobcast