EDINET

   

今日は神奈川で仕事。


毎週2日は、ここでIRがらみの仕事をしている。
今日は、大量保有報告書の作成と提出、IR用資料フォームの作成とか諸々・・・。
大量保有報告書はEDINET(金融庁による有価証券報告書等の電子開示サービス)で提出するんだけど、毎度のことながら、ほんとこれって使いづらい。
もうその使いにくさにも慣れてしまった(多くの上場企業の経理担当者達も同様に慣れてしまったんだろうな)けど、もっと誰でも使えるようにできないものかなぁ。
提出もワードで作ったものをHTML文書に変換してフォーマットチェックしてとか面倒なんだけど、さらに他社の資料を見たりするのもスピード遅いし印刷しづらいし、検索ダメダメだし、ほんと、かったるいんですよ。
このシステムが正式稼働してしまったおかげで、多くの会社が自社のIRホームページに有価証券報告書のPDFファイルを掲載せずEDINET見てねって形にしてしまっていて、他社資料とか参考にするのに非常に不便。共通フォーマットのXML方式(というかXBRL方式)ならプラスの部分もあるんだろうけど、今のHTML方式は、使用者の立場ではその恩恵を全然感じない。
 ※XBRL:eXtensible Business Reporting Language
サービスって何でもそうだけど、実際にそれを一番使う人達が便利に感じられなければ浸透しないはず(EDINETはおカミが無理矢理やらせてるから仕方なく浸透してる)。
いろんなところで、民営化だとか、民間の意見をとか、経営感覚をとか言ってるけど、それよりまず、普通にユーザー感覚を身につける方が先なんじゃないの??

 - IPO&IR SUPPORT