笑の大学

   

神奈川の会社の決算発表も終わって一段落したので、仕事帰りにレイトショーで見てきました。「笑の大学

三谷さんのセンス、好きなんですよねぇ。創る作品もですけど、本人の喋りもいけてますよね。

(参考:三谷幸喜名言集

さて、笑の大学ですが、ま、なんといっても「役所広司」がいいです。いい味出してます。ほんと、うまい。

大河ドラマ『徳川家康』の信長(古いねー)の鋭さも、「Shall we
ダンス?」の茶目っ気も好きだが、今回の検閲官役もかなりいいです。いい役者さんですね。

ゴロちゃんは、はまり役でしたね。もともとが、ちょっと陰があってニヒルで作家っぽい趣を漂わしてるし、とことん真面目にコメディーを演じるキャラクターですし、この作品の喜劇作家にぴったりですね。決して演技上手ではないけど、一生懸命さがこの役にはマッチしてる。

多少すべるところやくどいところ(2人きりのシーンがほとんどで2時間ですからね)もありましたが、三谷さんらしいウィットに富んだ作品だと思います。

舞台版西村氏の向坂も見てみたい。

 - Movie