デジハリ特ゼミ発表会

      2009/04/07

dhw今日は、デジタルハリウッド大学院特ゼミ』のビジネスプラン発表会を見学してきました。


デジタルハリウッド大学院は ITとコンテンツを融合した国際的なビジネス・プロデューサーやディレクターの育成を目指して、昨年4月に開学した日本初の株式会社大学院です。
その研究科目の一つである『特ゼミ』は、

ビジネスプランを担当するプロデューサーとコンテンツ制作を担当するディレクターの学生がチームとなって、1つのコンテンツやサービスを生み出す過程を通じて、プロデューサーとディレクターそれぞれに必要な高度なスキルと連携手法を養成するものである。院生が企画を行う「コンテンツやサービス」は、単なる企画書上のプランではなく、デモコンテンツの制作、流通や配給先へのヒアリング、投資家へのプレゼンテーションを実際に行うことで、現実にプロジェクトをスタートアップできるレベルまで完成度を高めることで実践力を養うことを目標にしている。

今日のビジネスプラン発表会は、彼ら卒業生の卒業制作でもあり、また、我々のような事業会社とのビジネスマッチングの場でもあります。
今日の発表は、エンタメ系4チーム、ソリューション・eラーニング系5チームの全9チームによるもの。
感想ですが、企画段階ということもあってまだまだ荒削りな部分が多いですが、殆どの方が昼間はビジネスパーソンとして働いていらっしゃるので、少なくともいわゆる学生レベルなどではなく、一定のクオリティは確保されていました。中には、もう完成型に近いのではないかと思えるレベルのものもありました。
興味を惹かれた2チームの方とは名刺交換をさせていただきました。若いクリエイターをインキュベートしていくのも当社のミッションであると思っていますので、コラボレートできるといいなぁと思っています。
ちなみに、この方、うちの社外役員です。金融系出身のプロデューサーという異色な経歴で、ビジネスクリエイションもライツもわかる敏腕プロデューサーです。
それと、さっき初めて知ったのですが、この人も講師やってた。この人、私の大学時代の友人です。エビちゃん、すげえな。

 - mobcast