ビフォア・サンセット

   

Before Sunset恵比寿ガーデンシネマに「ビフォア・サンセット」を観に行ってきました。
1995年ベルリン映画祭銀熊賞を受賞した恋愛映画『恋人までの距離(ディスタンス)』(原題:Before Sunrise)の続編となる作品です。


前作は、旅の途中に恋に落ちたジェシー(イーサン・ホーク)とセリーヌ(ジュリー・デルピー)が、一夜を過ごし、半年後にウィーンでの再会を約束して別れるというストーリーで、本作はその9年後に二人が出会うところから始まっています。
前作は観てないのですが、シチュエーションにすんなりと入り込めました。回想シーンなどほとんどなく(二人が知り合った時のシーンが最初に数秒だけ)、全てが二人の会話だけで進んでいくのに、前作での状況が鮮明に頭に浮かんでくるのは脚本のうまさなのでしょう。
二人の会話は、愛、性、哲学、信仰、環境問題、人生など多岐にわたりますが、その展開と言葉使いが瀟洒で、それがこの映画の全てといっても過言ではないと思います。
観終わった時は、終わり方が唐突で、「え?これで終わり?続きは?」って思ってしまいましたが、シンプルで抑揚のない、だからこそ二人の会話と心が際だっているこの映画には、無理にエンディングを持ってくるよりも、この終わり方の方がしっくりくるなぁと思いなおしました。そして、続きを期待してます。
恵比寿では、今週いっぱい3/25(金)まで上映です。
TB:ビフォア・サンセット by 見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!
TB:映画「ビフォア・サンセット」 by 小仙の徒然日記

 - Movie