「ため息の理由」プレスプレビュー

   

一般公開は昨日が最終でしたが、今日は報道関係者と当社HPからの応募での抽選による当選者の皆様だけのプレスプレビューでした。
21:20開場でしたが、20時半くらいから続々とマスコミ&関係者の方々がいらっしゃいはじめ、狭いロビーでしばらく前の上映「タナカヒロシのすべて」の終了を待って頂き、その後、マスコミの方と当選者の方には階段でお待ち頂きました。その間、関係者も続々と。結局10分ほど時間押して開演。立ち見も含めて250名くらいだったでしょうか。
まず、井上監督、斉藤和義さん、松田一沙さん、加藤ローサさん、肘井美佳さんに壇上にあがっていただき、簡単に映画の見どころなどをお話し頂き、その後、マスコミ向けのフォトセッション。やっぱり女優の3名は、さすが、最高の笑顔をカメラに振りまいていました。斉藤さんもカメラマンに「はい、斉藤さんも笑顔で」と言われてクスっと笑っちゃってました。
フォトセッションの後は、音楽を担当いただいた村山さんと斉藤さんによるライブセッション。主題歌「ため息の理由」を村山さんのビオラと斉藤さんのギターでの弾き語り。村山さんのビオラ付きという超贅沢な特別バージョンですね。ただ、マイクセッティングがよくなかったため、音が割れたりしてしまって、非常に申し訳なかったです。
そして本編上映。マスコミの方の何人かがここでお帰りになるので、立ち見の一部の方を空いた席にご案内してご覧いただきました。
予定より10分遅く上映終了。お帰りになる方々からは、口々に「よかった」というお声が聞こえました。嬉しいですね。
詳細はこちらに。
シネマトピックス
毎日インタラクティブ
シネトレ
みなさんお帰りになった後、片づけしてシネクイントを後に。
そのまま会社に戻って、残ってた仕事をかたして、26時、帰宅の途に。
はぁ、いろいろありましたが、なんとか劇場公開の1週間が終わりました。
反省すべき点は真摯に反省し、この経験を糧に、次に繋げていこうと思います。
最後に、この1週間に劇場に足を運んでいただいたお客様、毎日のようにお越しいただいた監督、村山さん、寺石さん他関係者の皆様、どうもありがとうございました。
そして、未経験のことだらけの中、死にものぐるいで頑張ったスタッフのみんな、お疲れさんでした。


ところで、サッカー勝ちましたね。でも、イエロー続出で、次が大変そうですねぇ。引き分けで良いとはいえ、油断は禁物です。がんばれ!

 - mobcast