TB 企画 【フェイバリットな一冊・一本・一曲(一枚)】

   

あちらさんに続いてこちらさんもですか(笑)
ってことで、愛してるリスペクトしてるサイト「我楽」さんが10万Hitだそうで、おめでとうございます、パフパフ。
最初で最後(まあ、そんなこと言わずにまたやってください^^)のTB企画、乗らせていただきます。
TB:10万ヒット記念 TB 企画 【あなたのフェイバリットな一冊・一本・一曲(一枚)を紹介してください】 by 我楽


【フェイバリットな一冊】

4061312790 英雄ここにあり―三国志 (上)
柴田 錬三郎

講談社 1975-04
売り上げランキング : 124,644
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

本棚の中から1冊だけと言われたら、迷わずこれを選びます。「三国志」は、たくさんの作家が手がけていますが、私は柴田錬三郎氏のこれが一番好きです。登場人物一人一人の描写が鮮明で、ストーリー展開も秀逸。何度読んでも厭きない傑作です。
【フェイバリットな一本】

B00008IXGC 猟奇的な彼女
チョン・ジヒョン クァク・ジョエン チャ・テヒョン

アミューズソフトエンタテインメント 2003-07-25
売り上げランキング : 713

Amazonで詳しく見る by G-Tools

悩むところですねー。どのジャンルを選ぶかで違ってくるし、その日の気分でもだいぶ変わってきちゃうんですけど、今日はこれ。大衆娯楽作品という括りでは傑作だと思うんですけど。
【フェイバリットな一曲(一枚)】

B00005G6GE 十七歳の地図
尾崎豊

ソニーミュージックエンタテインメント 1991-05-15
売り上げランキング : 4,695

Amazonで詳しく見る by G-Tools

このアルバムはホントに全曲好きなんですけど、特にラストに入っている「僕が僕であるために」が好きなんですよね。
「こんなに君を好きだけど 明日さえ教えてやれないから」「僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 僕は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる」

 - Book, Movie, Music