面談と責任

      2009/04/07

朝は、信託銀行の担当者とMTG。中間決算に向けての資料確認と、来月のファイナンスでの必要書類の確認。
午後から某VCさんが役員と来社。今回大きく枠を採るとのことで役員の面談が必要とか。非常に感じの良い役員さんで、的確な質問で弊社事業への理解も進んだようで良かったです。
その後、別のVCさん来社。既に好条件でオファーをいただいていますが、いくつかの点について最終の確認にいらっしゃいました。
夕方、某氏からの紹介による面接。現在米国の大学院で映像を学んでいる学生さん。当然学生然としたところは否めませんが、考える力を持っているようなので、今後が楽しみな方でした。お互いにニーズが合えば一緒にやっていけるかもしれませんね。
その後、また別のVCさんと面談。
夜、来月から管理担当となる予定の社員と社長と3人でMTG。上場準備における管理部門の重要性等を説明し、本気で取り組んでもらえるかどうかの最終確認。2時間以上3人で話をしました。後半は、我々が取り組んでいる事業がどれだけ素晴らしいかとか、私や社長がどれだけ仕事を楽しんでいるかとか、有言実行し続けていくパブリックカンパニーの責任とか、そんなこんなの話に。ゆっくり真剣に考えてコミットメントしてくれることを期待してます。
深夜、明日の役員会の資料の最終チェックをして、某社ビークル案件の契約書作成を行い、いつもの26時店じまい。


日中は昨日ほど痛くなかったのですが、夜になると痛みがぶり返してきました。朝飲んだ痛み止めが効いてただけなのかな。自然治癒してほすい。

 - mobcast