メイドインジャパン検索エンジン

   

検索エンジン:日本の30社・機関が独自開発へ

日立製作所や富士通、NTTなど電機、情報通信大手と東京大など国内の約30社・機関が共同で、日本独自のインターネット情報の検索エンジンの開発に乗り出す。16日にも研究組織を発足させ、2年以内の実用化を目指す。国も予算面などで支援する。

興味深い試みだと思います。
少なくとも、日本語という大きな障壁を有する国内市場においては、Google、Yahoo!、MSNによる寡占市場に某かの風穴を開ける可能性もあるように感じます。ジャストシステムのATOKのように。
ただ、「2年以内の実用化」とは、こりゃまた悠長な話だなぁとも思う次第。
もちろん、かかるシステム開発がどれほど大変なことかはわかるのですが、それでも、官民あげて日本オリジナルの検索エンジンをというのであれば、せめて1年くらいに短縮できないものですかね。
30もの会社・機関に国まで関わるという、プレイヤーの多さゆえに、開発期間の長期化が産まれるのではないかと危惧します。
また、同じ理由ゆえに、完成品が最小公倍数的な妥協の産物になってしまわないかというのも心配です。
リーダーシップをどこが発揮するのかに注目したいと思います。

 - PC ,