動画投稿サイト花盛り

   

ここにきて、猫も杓子も「動画投稿サイト」開設ですね。
「ブログとの連携で差別化」--サイバーエージェントの動画投稿サービス
フジテレビラボLLCの動画共有サイト「ワッチミー!TV」、ベータ版サービス開始
Ask.jp、動画共有サービス「Askビデオ」提供開始--会員数10万人目指す
どれも「YouTube」の成功(?)を受けた追随なわけですが、果たして、日本でそんなに動画投稿が流行るのか疑問ですし、そもそもコンテンツが集まるのかも疑問。「YouTube」にしても、日本からのユーザーは著作権違反のコンテンツが目当てだという話も聞きますし、日本でそんなに面白い(コンテンツになりうる)映像を撮れる個人がいるのかどうかも怪しいと思います(もちろん商業ベースでは素晴らしい作品を作る方々はいらっしゃいますが、彼らが果たしてこうしたサービスに自分の映像を載せるかどうか・・・)。米国人のユーモアセンスやオープン性という国民性故に、YouTubeは個人発の面白いものが集まってきているのではないかと私は推測するのですが。某テレビ局の人気番組「さんまのからくりTV」でも、そのほとんどが海外映像だったと記憶しているのですけど。


もちろん、PCで動画を観るという流れ自体は今後も加速していくとは思いますし、是非そうあってほしいと思うのですが、玉石混淆の投稿サイトが複数乱立してパイを食い合い共倒れになって、やっぱりPCの動画はダメだねなんてことにならなければいいのですが。結局、ユーザーが面白いコンテンツを作ったとしてもYouTubeではなくこれら日本のサイトに投稿するインセンティブが私には今のところ見つけられないんですけどね。
否定しているわけではなく、是非頑張って欲しいと思っているんですよ、本当に。
米「ユーチューブ」、日本の視聴者急増 「ギャオ」を逆転

 - PC , ,