CM枠を使った連ドラ

   

面白い企画ですね、これ。
イザ!:史上初 CM枠の連ドラ 「八月の虹」

1話45秒のミニドラマ「八月の虹」(TBSで11日スタート、全10話)で、環境破壊によって地球が絶滅の危機を迎える衝撃的なテーマを描いた。(中略)この作品、電通が映像を通して環境問題を真剣に考える「グリーンフィルムプロジェクト」を立ち上げ、10企業の賛同のもと、TBSのCM枠を買い取って制作した。環境問題の啓蒙CM的な要素もあるが、れっきとした連ドラだ。

DVRの普及によってCMスキップなど、TVCMの効果が疑問視され、「TVCM崩壊」という書籍がベストセラーになるなど、広告、メディアを取り巻く環境は大きな変化のまっただ中にあります。
これまで、その中心に居て、その既得権益を存分に吸ってきた広告会社電通による、この新たなチャレンジには非常に興味があります。
ただ、難しいだろうなと思うのは、前後の番組との間に挟まれる形(CM枠だから当然ですが)になるので、その前後の番組とドラマとの温度差が視聴者にどう受け止められるかという点かと。
何はともあれ、気になるニュースです。
ところで、これ、携帯配信に向いていると思うんですけど、うちで配信させてもらえないでしょうかね、、、電通さん。

 - PC , ,