クラシファイド広告

   

いわゆる、「売ります、買います、探しています」系の募集広告(主に、求人・不動産・車など)を指して、クラシファイド広告と言いますが、オンライン・クラシファイド広告が注目を集めています。
CNET Japan:試行して成果をあげるWeb 2.0時代のネット広告
先日、New Industry Leaders Summit(NILS)で、レップ(ネット広告社)各社の代表とドリコム内藤氏がセッションを行った中でも、このクラシファイド広告が今後注目されていくという発言が出ています。
特にオプトは、既にクラシファイド広告専門の会社を作って、不動産系の情報を収集しているとのことです。さすが、レップNo.1だけあって、動きが速いですね。
オプト プレスリリース:子会社設立に関するお知らせ(PDF)
ちなみに、IABによれば、2004年の米国におけるクラシファイド広告の市場規模は17.33億ドルで、ネット広告全体の18%であり、これは「検索」の40%に次ぐ、「バナー」の19%とほぼ同等であることから、第三のネット広告ともいわれています。
英国においては、新聞広告費の約半分がクラシファイド広告の売上と言われています。
つまり、それだけニーズがあるということで、既存メディアの次にネットメディアが取り組む格好のターゲットといえるということです。
課題は、オプト海老根氏・ドリコム内藤氏もおっしゃっているように、データの収集とデータベース化、サイトとのマッチング(専門サイトか、アドセンス的に配置させるか)というところでしょうね。リクルートのように、そのものをコンテンツ化する方向も有りでしょうし、既存ネットメディアとの融合も有りでしょう。
ちなみに、このオプトのCOO海老根氏、私の大学時代のテニスサークルの同級生だったりします。偉くなっちゃったなー。どんどん差が開いていく気がしますよ。

 - PC , , , ,