ゲーム10年周期説

   

日経ビジネスオンラインの記事。
ゲームは、10年周期で変化する~E3の縮小と、DSの大ヒットが意味するもの
NDSの記録的ヒット(ソフトも含めて)と、E3(Electronic Entertainment Expo)の縮小のニュースを取り上げ、ゲーム市場の10年周期説を説いています。

2006年は、ちょうど4度目の節目の時期にあたります。ここ10年ほど続いてきたゲーム文化がメインストリームから外れ、新しいタイプのゲームが主流になっていく時期です。現在のデジタル・エンタテインメント産業は、新しいタイプのゲームが主流になっていく時期を迎えているのです。

2006年末のWiiとプレイステーション3(PS3)の発売が終わると、怒涛の新ゲーム機発売ラッシュは終了します。この瞬間、テレビゲームは、新たな 10年に向かって、時代が完全に切り替わるでしょう。いま、わたしたちは、ちょうど時代が切り替わる瞬間に立ち会っているのです。

これから始まる10年が、どんな時代になるのかは、誰にも分かりません。ただし、従来は主流だったタイプのゲームがメインストリームを外れ、新しいゲームが主流になっていくであろうことは、これまでの歴史が証明しています。

実際、私個人もコンシューマゲームに長時間を使うことに少し苦痛を感じ始めていますし、NDSのような気軽なコンセプトが新たなユーザー層(特に女性)を開拓したことには感動すら覚えます。
そして、次には、いつも持ち歩いているケータイでのゲーム(ゲームというジャンルでくくれないようなものも含めて)が新ターゲット層に刺さるのではないかと、希望的観測も含めて思っています。モブキャストのゲーム(mobGame)は、そんなライトユーザーにも受け入れやすいケータイならではの遊びを提案しています。映像(mobCinema)も同じコンセプトです。
ますます便利で身近になるケータイが、次の10年のエンターテインメント市場の起爆剤になると良いなと思います。(今日は、ちょっと宣伝がらみでした 笑)
ちなみにこんなニュースも
イザ!:ケータイ小説が人気 若者には紙より身近に
確かにすごい勢いで伸びているようですね。
モブキャストのezwebサイト「厳選☆セレブ画像mobCinema」でもケータイ小説を扱っているのですが、かなりの方が見てくれているようです。著名シナリオライターによる本格小説で、かなり楽しめますよ。auの方、映画カテゴリーからどうぞ。

 - Mobile, PC , , ,