デジタルラジオ、面白いかも

   

対応端末であるW44Sを購入したこともあり、せっかくなので聴いて(観て?)みたのですが、これが結構面白いんですよ。
TOKYO FMの「Choppaya!」、「アーティストスペシャル I Feel The Message. 絢香」と2番組聴いてみた感想なんですが、一言で言うと「持ち歩けるMTV」みたいな感じかなぁ。
動画、データ、音声の3つのコンテンツがうまく一つに融合できているなぁって思いました。
例えば、絢香さんの番組で言うと、喋っている間はスタジオでのMCシーンが動画で流れ、データのところには番組の説明が出ています。で、歌になると、動画はミュージックビデオ、データ欄にはアーティスト名、タイトル、曲の説明が表示されます。やっぱり音楽って映像と重なるとすごく印象に残るじゃないですか。さっきはですね、絢香さんが好きなアーティストってことで、マイケル・ジャクソンの「Beat it !」が例のプロモーションビデオ付きで流れたわけです。うわー、懐かしー、ってなりましたよ、赤い革ベストで腰を振るまだ黒いマイケル(笑)。こういうサプライズ的な音楽との出会い(再会)って、やっぱりラジオならではですよね。iPodでは当然ながら所有しているものしか流れないのでね。
動画とデータが付属した番組、まだ作る方も試行錯誤の段階なんでしょうが、是非頑張って欲しいものです。後は対応端末の増加ですね。ケータイだけでなく多くのデバイスで視聴できるようになるといいですね。
参考:デジタルラジオ公式サイト
参考:IT mediaデジタルでも変わらぬ、ラジオのDNA

 - Mobile, Music , ,