大和IR 「インターネットIR優秀企業賞2009」発表

   

 

大和IR インターネット優秀企業賞2009

大和IR インターネット優秀企業賞2009

大和IRが今年も恒例のインターネットIRの優秀企業賞を発表しました。

多くの上場企業がインターネットを活用したIRに積極的な姿勢で臨む時代となり、ほとんどの企業がHPを持ち、自社サイトでIR情報を発信しています。どの会社もそれぞれに投資家の目線でどういう情報を開示していくべきか真剣に考え実践している訳ですが、その程度や情報の選別・見せ方等々で優れた企業を第三者機関である大和IR(厳密にはIR業務の請負等やっているので利害関係ゼロではないですが、公平に選んでいると思っています)が選定し表彰する賞がこのインターネットIR優秀企業賞です。

上場した多くの会社のIR部門がまず成果として目指す登竜門でもあり、意識して取り組んでいる目標であったりします。私もIRのお手伝いをする場合は、まずこれを受賞できるようにしましょうと言いますし、最低限ここで求められている情報(毎年若干変わります)は常に開示していく姿勢で予算も決めてくださいとアドバイスします。

今年は2,082社の中から580社が選ばれました。また「全般的に大幅にレベルが向上」したとのことです。9年連続優秀企業賞受賞は28社です。社名を見ればなるほどと納得のいく企業が並んでいると思います。継続して選ばれ続ける企業は、同じレベルを維持するのではなく常に最新の情報を収集し、それに基づいて積極的に情報開示を行っているという証です。今後とも頑張ってください。

今回が初の優秀企業は169 社。多くがここ数年以内に上場した会社です。ベンチャー企業は大企業と比較して同じレベルで情報開示を行おうとするとどうしても利益に対するコスト負担がネックとなるため、なかなか厳しいのが実情なのですが、そうした中でもしっかりとIRの予算を取って積極的に開示している企業が今回の受賞企業と言えます。おめでとうございます。来年も引き続き選ばれるよう切磋琢磨していただきたいと思います。

「インターネットIRサイトの優秀企業580 社」の発表について(pdf)

私が社外監査役を務めさせていただいているこちらの会社も今年選ばれました。担当役員及び担当者さん、おめでとうございます。私もとても嬉しいです。これからも投資家の目線でのIRを継続してください。

 - IPO&IR SUPPORT ,