あの人検索SPYSEEに載ってたんだけど・・・(ネットの嘘)

   

spysee

spysee

あのひと検索SPYSEE」というサイトに私の名前が載ってました。

あの人検索SPYSEE -原田一進

恥ずかしながら、掲載いただき、ありがとうございます。
ところで、これ、人力でまとめあげているんでしょうか?というか誰かチェック入れています?ロボットで引っ張ってきただけですか?一度掲載されたら修正や更新されないですか???

もちろん調査方法はネット(人件費かけてたらやってられないでしょうから、たぶんネットオンリー)な訳でしょうけど、どこから引っ張ってきたんだっていう相手様がネットワークやキーワードに並んでおります。私の下の名前はあまりないと思うので、同姓同名じゃなく同姓だけで持ってきているのではないかと推測されます。(それってちょい強引じゃね?)

Wikipediaに載るような有名ではない人間でもこうしてページを作ってくれてどういう人物なのかを俯瞰できるサービスというのは、これはこれで非常に有益な訳ですが、あまりに関係ない方々のお名前がさも知り合いのように掲載されているのは、誠に申し訳ない気分で一杯です。皆様、ごめんなさい(いや、私のせいじゃないんですけど・・・)。これを丸々信頼して「こんな凄い方々と交流のある人なんだ!」なんて思われたら、ほんとごめんなさいです。

ネットの情報って、Wikipediaも含め、実はそのソースが曖昧なものが多くて極めて信頼性に欠けることがあるということを最近は声高に言わなくなりました。それはネットで得られる情報の質が全体的に相当程度高まってきていて、誰しもが検索して得られた結果にさほどの疑義を感じなくなっているからでしょう。それはとても素晴らしいことで、いつでもどこでも誰でもが知りたいことを簡単に知ることが出来る時代が近づいている(既に部分的にそうなっている)ということであって、それによる生活なり文化なりの進化・向上については異論を唱えるところではありません。ですが、間違いもあるんだよ、中には嘘も混ざってるよ、という事実を、しっかりと認識した上で利用していくべきだということを改めて思った次第です。ネット依存症の私にとっても自戒する良いきっかけになりました。

でも、面白いからブログパーツ貼ってみます。恥ずかしいのでサイドバーに堂々とは貼れません。本来はネットワークの情報を読み込むはずなのでしょうけど、何故か私以外今は表示されません。一人寂しく佇んでいる姿が、我ながら微笑ましいですw。

 - PC