一周忌

   

今日、6月5日は、愛犬ココアの一周忌でした。

cocoa

家族4人で、お骨を預かってもらっている福泉寺さんに行ってきました。
みんなで手を合わせてこの1年の感謝の気持ちを伝えました。

福泉寺さんでは、1年更新で納骨堂に安置を続けることもできますし、いつでも共同墓や個別墓に入れることも合祀することもできますが、今回は一周忌という区切りで自宅に持ち帰ることにしました。いつになるかわかりませんが、そのうちに家を買うことになったら、その時に小さなお墓を作ってそこで安眠させてあげられたらずっと一緒にいられるなと思ったからです。それまで狭い家の狭い棚の上で我慢してね。

あっという間の1年でした。泣きはらしたあの夜のことは今も鮮明に覚えていますし、時折思い出しては涙ぐんできました。

この1年は、分骨して小さな袋に入れたものを棚の上に写真と一緒に飾っていて、毎日欠かさずにお線香をあげてきました。今日からサイズが大きくなりますが、これからも空の上から見てくれているココアに毎日感謝したいと思います。

私は分骨したものをカプセルに入れてネックレスにぶらさげていつも身につけているのですが、これも続けていくつもりです。ココアが守ってくれているような気がしています。

ありがとう。

 ・安らかに・・・(kazunoblog 2009/06/06)

 - Life