ドナー登録のお願い

   

今回は真面目なエントリです。

donorsnet

骨髄バンクのドナー登録のお願いです。

唐突ではありますが、世間様では夏休み進行中ということで、ゆっくり時間がとれるこの時期に、またお出かけのついでに、ちょっと献血ルームに足を運んでドナー登録していただけたらなと思った次第です。

私は2006年にドナー登録をしました(ブログがあると便利ですよね。いつ登録したか検索して判明。 骨髄バンクドナー登録してきました)。残念ながら現在服薬中なのでドナーになる資格が今は無いのですが、病気が治ればいつでもドナーになることができます。財布の中には、骨髄バンクのドナーカードと臓器提供意思表示カードを入れています。

donorscard

臓器提供意思表示カード(いわゆるドナーカード)は今年の7月に改訂されているのですが、まだ入手できておらず古いものを使っています。
こちらが新しいカードです。

donorcard2

リーフレット付きのカードは下記の場所で配布されています。お近くで探してみていただきたいと思います。

都道府県市区町村役場窓口、 保健所、運転免許試験場(センター)、免許の更新ができる警察署、ローソン、セブン-イレブン、イトーヨーカドー、サークルK サンクス、ジャスコ、サティ、マックスバリュ

また、社団法人日本臓器移植ネットワークのウェブサイトからも登録が出来るようになっています。携帯サイトからも登録できます。

donor-touroku

ウェブサイトの「登録・本登録はこちらから」をクリックすると、まずは仮登録用の画面が表示されます。

donor-touroku2

こちらで、提供意思について選択した後、氏名・連絡先などを登録すると、仮登録が完了して、後日、IDカードが届きます。後は、署名年月日と署名を自筆で書き込み、本登録手続き(ウェブサイト)を行えば完了です。とても簡単なので、是非お試しを。

--------

続いて、骨髄バンクのドナー登録手順です。

骨髄バンクのコミュニティサイト|ドナーズネット

こちらで、「ドナー登録の流れ」というアニメーションをご覧いただき、資料請求をして最寄りの献血ルームに足を運んでください。

都内の献血ルームは下記のとおりです。
kenketsuroom

各ルームの詳細は、日本赤十字社 東京都赤十字血液センターのHP下部の上記画像から飛べます。

あなたの勇気で救える命があります。

是非、多くの方がドナーカードを持つようになってほしいと思います。そして、そのことを周りに広めて、仲間を増やしてほしいと思います。

なお、ドナーに登録して選ばれた場合でも断ることも可能です。お仕事などの関係で休めないということもあるかと思います。それでも、登録だけまずしてみてください。少ない確率ですが、万が一適合者が見つかったら、自分が誰かの命を助けることが出来るという思いが万難を排するかもしれません。最近はドナー休暇制度を採り入れる会社も増えてきているようです。あなたの一言で会社を変えることが出来るかもしれません。

是非、ドナーカードを持ってください。

 - Life ,