チャンピックス1日目【禁煙】

   

チャンピックス

禁煙外来に行ってきました。

とある近しい方が、あの舘さんと同じ方法で禁煙を始めて既に3週間続いていて、是非トライしてはどうかと勧められまして、決心しました。
ファイザー製薬さんの発売した「チャンピックス」という服用薬を使う方法です。

「お医者さんと禁煙」をサポートする すぐ禁煙.jp | ファイザー株式会社

ネットのニュースでもたくさん取り上げられましたが、10/1の値上げに伴って、相当多くの方が禁煙外来に通ったことから、この薬の供給が間に合わないというリリースをファイザーさんが発表しました。

ファイザー、経口禁煙補助薬「チャンピックス錠」の欠品で疾患啓発広告を自粛 | 日経プレスリリース

新患向けは無理との内容でしたが、私は昨日ダメモトで行ってみました。お医者さんが薬局に問い合わせてくれて、少しだけ余分に入ってきたからなんとか処方できるが、今後の診察の過程で必要日数分出せずに何回か分けて出す可能性があること、途中で薬が渡せなくなる可能性もあること、という条件付きで処方してもらえました。

この薬を使っての禁煙の流れは次の通りです。

1.禁煙開始予定日の1週間前から薬の服用を始めます。
 飲み始めの1週間は喫煙しながら薬を飲み、薬を徐々に増やすと同時に煙草を吸う本数を減らしていきます。この薬は、ニコチン受容体に結合することで、少量のドーパミンを放出させニコチン切れの症状を緩和すると共に、吸った時に「おいしい」と感じにくくします。
 いきなり止めずに徐々に減らしていく、吸っても美味しくないから本数は自然と減る、という非常に禁煙しやすい仕組みになっているわけです。
2.服用8日目から完全禁煙します。
 1~3日目が1日0.5mg(1日1回)、4~7日目が1日1mg(1日2回)、8日目以降は1日2mg(1日2回)の服用です。
3.12週間服用します。
 訳3ヶ月の禁煙により、ニコチン中毒から脱することができるというわけです。後は油断して再開しないことを固く心に誓うだけです。

私は過去(数年前)にも禁煙外来を使って、その時にはニコチンパッチで止めたのですが、6ヶ月くらい続けていながら、つい1本もらい煙草をしてしまって、そこから一気に元に戻ってしまった経験があります。今回も薬の力を借りますが、今度こそは足を洗いたいと思っています。

なお、神経伝達物質に働きかける薬なので、当然、副作用があります。吐き気、頭痛、腹痛、便秘、悪夢、不眠などがあるようです。個人差が大きいので、症状がひどいようであればお医者さんにその旨伝えて症状を緩和する別の薬を併用することになります。

さて、今日が初日な訳で、朝起きてすぐに薬を飲みました(本当は食後に飲むのですが、私の場合朝食を食べない習慣なので起きてすぐに飲みました)。

丸一日経った感想ですが、味は変わりませんでした。でも、吸いたいという欲求が無くなったように感じます。いつもなら吸いたいと思う場面でも、欲求を感じないので、そうした場面の半分くらいは吸わずにすませることが出来ました。結果、本数はいつもの半分になりました。味は、服用を開始して3日目くらいから不味く感じ出すと聞いていたので、本当に不味くなるのか楽しみです。吸いたい欲求が減少するので、これで美味しく感じなくなれば、案外簡単に止められるかもと期待しています(甘いですかね?)。

さて、問題は明日からの仕事モードでどうなるかです。また報告します。

 - Life