DoCoMo新機種発表とauのISフラットとSkype au

   

docomo-sp

au、ソフトバンクに続いて、本日、DoCoMoが新製品を発表しました。

DoCoMoの場合は、先日、既に大本命であるGALAXY Sをリリースしているため、今回の発表では、端末、サービス共に特に注目すべきものはありませんでした。
au、SBが本気を見せているスマートフォンに関しては、Android端末3機種の発表に留まり、サプライズはありませんでした。

発表されたのは、ワンセグ/おサイフケータイ/赤外線通信に対応した『REGZA Phone T-01C』『LYNX 3D SH-03C』と、Android 2.2を搭載した『Optimus chat L-04C』の3機種です。

T-01CはauのIS04とほぼ同一モデルです。SH-03CはソフトバンクのSH003とほぼ同じですが、ソフトバンクがAndroid2.2搭載で発売するのに対して、DoCoMoは2.1搭載での発売になります。auのIS03が2.1、IS05が2.2ですので、シャープさんは3キャリアからスマートフォン4機種をリリースして、2機種が2.1、2機種が2.2ということです。キャリアとベンダーの力関係からこうなったのでしょうが、他人事ながら開発大変だろうなと思います。

DoCoMoユーザーは今回の発表でどう動くのでしょうかね?一番多いであろうガラケーで満足しているユーザー層はあえてスマートフォンに動くだけの理由が見当たりません。最先端を望むユーザーは既にGALAXY Sに機種変更しているで しょう。iPhoneと2台持ちの方は、iPhoneという素晴らしい端末を使いたいユーザーなので、あえてDoCoMoのスマホに一本化するだけのインセンティブは働かない気がします。日本通信のSIMでiPhoneを使っていた方もiPhoneの魅力に惹かれているので、あえてAndroidに乗り換えはしなさそうです。そう考えると、今回発表されたドコモスマホへのニーズは案外少ないのかなと思いました。

さて、一方、auからh料金についての新発表がありました。

まずは、ISフラットと毎月割りです。
ISフラットは、月額5460円の定額料を支払うことで、ダブル定額などのプランにおけるスマートフォン利用時の上限額5985円から525円安くなるパケット定額サービス。でも、なんか誰にかけるといくらなのかよくわからなくなりました。
あと、毎月の利用料から一定額を割り引く「毎月割」も提供する。これは純粋に端末価格が下がるので嬉しいです。

続いて、Skypeの料金体系についてです。
こちらは予想通り、Skypeユーザー間はPCでもauでも通話無料(12月以降変更の予定あり)、海外の固定電話・携帯電話へはSkypeクレジット価格、国内の固定電話・携帯電話へはau通話料、メッセージ送受信(チャット)はパケット、というものでした。「禁断」と豪語した割には残念な展開です。Skype au経由での国内通話がau通話料と全く同じというのでは、 Skype使う意味が全くないわけですから、それなら普通に電話するよと思います。どこが禁断なのかと。もう音声もデータも完全定額にしてしまってユーザー数を増やす戦略に出た方がよかったと思いますよ、auさん。それが本格的に出来るチャンスが今回のSkype auだったわけですから。ソフトバンク、ドコモの新製品が発表されて、結果的 にauの本気度ってたいしたことなかったのね(っていうかメーカーの本気度なのね)とばれてしまったわけですから、王者ドコモ、勢いとiPhoneがあるソフトバンクに本気で対抗するなら、Skypeで完全定額するしかもう勝ち目ないと私は思っています。auさん、年末商戦が本格化する前に、Skypeの料金体系見直しを急いで発表すべきですよ。

でないと2年でSBに抜かれちゃいますよ。下のグラフは今年の4~9月の月間増加率のアベレージを乗じていったグラフなのですが、このままいくと、2013年4月で遂にauはSBに追い抜かれ、業界3位に落ち込むことになります。頑張れ、au。
keiti-suii

さて、恒例のニュースまとめです。
【全般】
ドコモ、新Android端末3機種を発表
スマートフォン4機種、LTE対応端末も--NTTドコモ、冬春モデル28機種 - CNET Japan
ドコモ、冬春モデル28機種を発表 - ケータイ Watch
【速報】NTTドコモの2010年冬春モデル、スマートフォンの全ラインナップが明らかに - GIGAZINE

【L-04C】
ドコモ、エントリーモデルのLG電子製端末 Optimus chat L-04C を発表
NTTドコモ、LG電子製Android 2.2スマートフォン「Optimus chat L-04C」を発表。QWERTYキーボード搭載
シンプル操作のAndroid端末「Optimus chat L-04C」 - ケータイ Watch

【LYNX 3D AH-03C】
ドコモ、裸眼3D対応のシャープ製端末 LYNX 3D SH-03C を発表
NTTドコモ、シャープ製3Dスマートフォン「LYNX 3D SH-03C」を発表。おサイフ、ワンセグ、赤外線通信対応。12月発売
3D液晶搭載、FeliCa対応のAndroid端末「LYNX 3D SH-03C」 - ケータイ Watch

【T-01C】
ドコモ、防水対応の東芝製端末 REGZA Phone T-01C を発表
FeliCa・防水のAndroid端末「REGZA Phone T-01C」 - ケータイ Watch
NTTドコモ、東芝製Androidスマートフォン「REGZA Phone T-01C」を発表。12月~2011年1月発売開始予定

【BlackBerry】
小型で音楽用ボタンを装備「BlackBerry Curve 9300」 - ケータイ Watch

【ISふっと】
auのスマートフォン向け新料金「ISフラット」の導入について〈別紙〉 | 2010年 | KDDI株式会社

【Skypw au】
完全無料通話到来、KDDIがスマートフォン向け「Skype au」の利用料金や提供時期を正式発表 - GIGAZINE
「Skype au」の料金体系発表 - ケータイ Watch
「Skype au」の料金体系発表 - ケータイ Watch

【毎月割】
KDDIがスマートフォンを安価に購入できる「毎月割」を提供開始、「IS03」が大幅に割引 - GIGAZINE

 - Mobile , ,