内部統制報告制度の運用の見直しについて

   

11/25に、金融庁企業会計審議会第20回内部統制部会が開催され、内部統制報告制度の運用の見直しについて議論がなされました。

当該部会の議事及び内容について、金融庁HPに記載されています。

金融庁 企業会計審議会第20回内部統制部会議事次第

資料が6個掲示されています。
内部統制に関わる方はご一読しておくことをおすすめします。

1.内部統制報告書の提出状況について(平成21年6月~平成22年9月提出分)
提出数は6,628件。
有効は6,496件で98.0%、重要な欠陥があり有効でないが116件で1.8%、意見不表明が16件で0.2%。

2.訂正報告書提出会社7社(22年6月~9月)の内訳

3.内部統制報告制度の見直しの主な内容(案)
内部統制監査と財務諸表監査の一体的実施」を促す文書を追加して監査を効率化。
中堅・中小企業向けの効率的な内部統制報告実務の「事例集」の作成。
「重要な欠陥」の金額的な重要性の判断基準について、企業の柔軟な判断を促す。
中堅・中小の上場企業に対しては簡素化・明確化。
「重要な欠陥」は「開示すべき重要な不備」に文言変更される可能性が高い。

3~5.新旧対照表(財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準及び実施基準)

6.内部統制報告制度に関する事例集(仮称)

金融庁は、12/10に内部統制部会を開催し、議論を踏まえて基準と実施基準の修正版の草案を公開する予定とのことです。

 - Audit ,