上場企業ホームページ充実度ランキング

      2010/12/08

toshiba

日興IRさんが、2010年度全上場企業ホームページ充実度ランキングを発表しました。

日興アイ・アール、2010 年度 全上場企業ホームページ充実度ランキングを発表(PDF:470KB)

「分かりやすさ」「使いやすさ」「情報の多さ」の3つの視点で設定した135 の客観的な評価項目に基づき、全上場企業3,682 社のホームページについて調査

というもので、今年で8回目となります。
このランキングは株式会社日本経済新聞デジタルメディアの「NEEDS-Cges」(コーポレート・ガバナンス評価システム)の「情報開示・ウェブの充実度」項目における指標判断の一つに採用されており、客観的で公正なランキングです。

本年度は、全上場企業総合ランキング1位は株式会社東芝(東証一部)、新興市場ランキング1位はフィールズ株式会社(注意:リンク先、音が出ます)(ジャスダック)となりました。

東芝さんは、3年連続1位で、2位のNTTドコモさんが90.4ポイントに対して1.7ポイントも高い92.1ポイントとホームページの充実に力を入れていることがわかります。

「わかりやすさ」29項目、「使いやすさ」28項目、「情報の多さ」78項目が評価項目として挙がっています。「わかりやすさ」と「情報の多さ」は東芝さんが1位ですが、「使いやすさ」はカプコンさんが1位となっています。ユーザーインターフェースという点でさすがゲーム会社といったところでしょうか。カプコンさんのサイトは参考になる部分が多いので、企業のホームページ担当者さんは是非ご覧になってみてください。

なお、私が監査役を務めさせていただいているブックオフコーポレーション株式会社は、優秀サイト112社に入っております。IRとお客様の2つの視点でホームページに力を入れている結果がしっかりと評価されてうれしく思います。

 - IPO&IR SUPPORT ,