Pogoplugで私のクラウド化 2ndステージへ

   

思い起こせば8ヶ月前、GWの休みを利用して、PC環境のクラウド化を一気に進めました。

私のクラウド化 | kazunoblog
(参考)・オンラインストレージ私的使用比較 | kazunoblog

このエントリは敬愛する@gamellaさんのブログで取り上げていただき、多くの方に見ていただき、「参考になった」と嬉しいコメントを頂戴いたしました。

あれから8ヶ月ですが、私のPC環境も多少変化がありました。PCの買い換えです。ThinkPad X60の動作が不安定になってきたことから、ThinkPad Edge 14"を購入しました。

ThinkPad Edge 14″ 買っちゃったんだけど、画像編集ソフトいいのあったら教えてほしーのの件 | kazunoblog

基本データは全てクラウド化してあったため、移行作業はとても簡単でした。メールはGmailに集約していたため、新PCからGmailにアクセスするだけでした。重要ファイルはDropbox、Sugarsync、SkyDrive、写真はPicasa、音楽はNドライブ、写真バックアップはMediafireにそれぞれ分散してバックアップしていたので、新PCに戻すだけでした。ブックマークとクッキーはChromeで同期がとれるようにしてあったので、こちらもChromeにログインするだけでした。移行作業はこれまで並行稼働期間を1ヶ月程度必要としていましたが、今回はほぼゼロでした(いつでも旧PCを開ける準備はしていましたが使わずでした)。クラウド化によるメリットを大いに感じました。

そして、本日、幸運に恵まれ、話題の「Pogoplug」を手にすることができ、「私のクラウド化」はここから2ndステージに入ることになります。

pogoplug

Pogoplugは、これまで敷居が高かったNAS(Network Attached Storage:自宅サーバー)を誰でも簡単に構築できるようにしたハードウェアで、インターネット回線とUSBハードディスクを繋ぐだけ(PCからアクティベーションが必要です)でサーバーとして使えるようになる画期的な製品です。

Pogoplug

まずは本体をルーターとイーサネットケーブルで繋ぎ、USBハードディスク(自宅に転がっていた160GBと80GBの2つをとりあえず繋ぎました)を繋ぎ、ACアダプターを繋いで電源を入れると、電源ボタンがオレンジに光り、しばらく(2分くらい)するとグリーンに変わりました。これだけでサーバーの出来上がりです。後はMy PogoplugにPCから接続し、本体番号を入力して(うちは無線LANでPC接続しているので自動で認識できませんでしたが、有線LAN接続のPCからだと自動認識されるようです)、eメールアドレスとパスワード、アカウント名を入力すると、アクティベーション完了で「My Pogoplug」にUSBハードディスクが表示されます。

最初に言語を日本語に変更します。ちゃんと日本語対応されているので安心です。

続いてPCに純正ソフトウェアをインストールします。これでマイコンピュータにPogoplugという新しいハードディスクが表示されます。

pogoplug2

ここにファイルをコピペすればサーバーにアップロードされるというわけです。簡単ですね。

それからAndroidマーケットから公式アプリをインストールします。
Pogoplug - Android Market
これでAndroidからサーバーにアクセスできるようになりました。いつでも、どこでも、自分の資産にアクセスできます。

後はMy Pogoplugの「設定」画面から必要な設定をするのですが、私が見た限りでは特にデフォルトから変更する必要は感じませんでした。TwitterやFacebookで共有できる機能や、メール添付でファイルをサーバーに追加できる機能を必要なら追加するくらいでしょうか。

で、まずは手始めに音楽ファイルをバックアップすることにしました。iTunesフォルダ丸ごとをコピーして、Pogoplug内のHDDに「music」フォルダを作成して、そこに一括でペーストしました。12MBで約1時間と表示されましたので、放置しておきます。

音楽ファイルの次は写真のバックアップをして「共有」をしてみようと思っています。(今ここです。コピー中。2GBで20分と表示されました。)

その後は、ビジネス系のファイルをガサッとバックアップするつもりです。ここでたぶんHDDが足りなくなるので、Amazonで下記のものを購入しました。今や1TBのものでも1万円切る価格で購入できますね。

いわゆるパーソナルクラウドが完成するわけですが、では、既存のクラウド環境をどうしていくのかを考えました。
まずは音楽ファイルのバックアップはNドライブからPogoplugに完全移行します。NドライブのエクスプローラーがWin7に非対応なため、ファイル転送が面倒という理由からです。Pogoplugにもストリーミング機能があり、移行しても全くマイナス要素がありません。
続いて写真ですが、こちらは基本はPicasaで管理して、Pogoplugに定期的にバックアップという方法でいきます。簡易加工だったりAndroidを絡めた同期だったりで、やはりGoogleのPicasaが優れている部分があるからです。共有機能はどちらにもあるので、使い勝手が良い方を使うつもりです。
後はドキュメントファイルですが、これはせっかくの大容量をフル活用するべく、基本はPogoplugに集約させて、頻繁に使うファイルはSugarsyncとDropboxで自動同期という形にしようと思っています。この辺の使い分けはこれから探りながらという感じです。それぞれのサービスの特徴や使い勝手を知った上で上手に使い分ける、というのが賢いクラウド術かと思います。

何はともあれ、ネット上にほぼ無限大のファイルスペースを確保でき、デバイスを選ばずに、いつでも、どこでもファイルを活用できる、しかも月額課金ゼロ、と良いことづくめのPogoplugです。

もしまだSugarsyncやDropboxを未導入という方は、まずこちらを導入してクラウドというかオンラインストレージを体感して、さらに大きなスペースが欲しいと思ったならPogoplugを検討されてはいかがでしょうか。下記リンクからだと+250MB余分にもらえます(ついでに私ももらえますw)。
SugarSync
Dropbox

なお、Pogoplugの導入に当たっては、下記を参考にさせていただきました。非常に詳しい説明でマニュアル代わりになります。多謝。

[N] 信じられないほど簡単セットアップの自宅サーバ(NAS)「Pogoplug」はベリーシンプル!!

 - PC , , ,