今週買ったもの

      2011/03/19

未曾有の災害から1週間が経ちました。被害にあわれた皆様には心からお見舞い申し上げます。
あっという間の1週間でした。

地震当日、会社の会議室で強い揺れを感じました。
ただ事ではない揺れにただただ驚き怖れるばかりでした。
情報収集に努めることで安心を得ようとしましたが、逆にひどい状況を知るにつれ、悲しみと恐怖に打ち震えました。
なかなか繋がらないCメールを何度も何度も送信して、ようやく家族の安否を知ることができました。
電車が止まり、帰る術を失いました。
同僚と食事に行き、TVで被災状況を見ました。これは大変な事態だとようやく分かりかけてきました。
深夜になって地下鉄と東急線が復旧したので、1時頃に電車に乗って2時過ぎに帰宅しました。
土日にはネットやTVから多くの情報を得ることができました。どんどん映像が入ってくることで、被害状況の甚大さに胸が詰まりました。
とにかく何か出来ることはと、ネット上で出来る募金をいくつか行い、このブログには災害情報を列挙しました。

月曜はJRが動かなかったので迂回路ですし詰めになって出社しました。
午後から電車が止まるというので、急遽帰宅許可が出て、お昼に会社を出ました。
東急が予定より早く電車を止めてしまったので、結局長い道のりを歩いて帰宅しました。
火曜、水曜もJRが運休していたため自宅待機でした。ずっとニコニコ動画のNHKとTwitterで情報を収集しました。
木曜は50%の運行ということでまたすし詰めになって出社しました。幸い会社は計画停電の対象外になっていたので節電しながら仕事は出来たのですが、やはり気持ち的に集中はできませんでした。いつ大きな地震が来るかわからない不安と家族の心配とで気もそぞろでした。夕刻になって「電力需給の逼迫から予想外の大規模停電の怖れあり」との情報から早めに帰宅し、駅の混乱を避けて帰宅できました。
金曜は東急が我が家の最寄り駅を運休したため出社できず自宅待機しました。

今回の地震で私にとって一番活躍したのは携帯電話とインターネットでした。
地震発生後すぐにAndroidのGoogleTalkで友人から「大丈夫か?」とメッセージが届きました。携帯キャリアのCメールが繋がらない中でも、GoogleTalkはタイムラグ無しでチャットできました。とっても便利でした。
Twitterでも友人から「大丈夫か?」と@mentionが届きました。こちらもスムーズに使うことができました。
緊急時は携帯電話の回線を使うサービスは止まる可能性が高いということがはっきりと分かり、一方でインターネット系のサービスは使えました。
家族も含めて私の周りはまだまだSkypeもGoogleTalkもTwitterも使えないのですが、今後のことも考えて、Twitterから教えていこうかなと思いました。

自宅ではPCからニコニコ生放送のNHK放送をずっと見ています。他の視聴者とコメントの応酬をしながら見るネットTVはこれまでのTV体験を変える魅力に溢れていると思いました。他局は中止してしまいましたが、NHKはずっとやってほしいと思います。

さて、今回の震災とその後の計画停電などを経験して、我が家には必要なものが備蓄されていないことにようやく気がつきました。なので、下記のものを購入しました。

懐中電灯が1本しか無かったので、予備用にこちらを2個amazonのマケプレで購入しました。到着はもっと遅くなるかと思っていましたが、注文から2日で到着しました。とても明るいLEDでこの値段は安い買い物だったなと思います。

eneloopの電池の予備がなかったのでこれらをまとめてamazonで購入しました。3日で到着しました。

通勤時に両腕が使える観点から、11年使ったHermesのエールラインからこちらの商品にスイッチすることに決めて注文しました。週明け水曜か木曜くらいには届くと思います。

なんというか、不安に駆られているためか、ものを買うという行為によって精神の安定を図っているのではないかとも分析しておりますが、散在はしないように冷静に必要性を見極めて値段の安いものを探して買っています。

amazonも楽天も関東ではようやく機能が回復したようで1~2日で届くようにはなっています。近くのお店でも少し買い占めが減ったようでいろいろ買えるようになっていますので、安心を買うつもりで防災グッズだとかを備蓄しておくことをおすすめします。経済を回すという意味でも。

 - Life , , ,