5歳若く見える、アラフォー親父のスキンケア

   

もともと童顔(この年で使っていい言葉かな?)なせいもあるのですが、いつも実年齢より確実に5歳は下に見られます。若い頃は、若く見える=まだ仕事できなさそうという感じがあったため、すごく嫌だったのですが、この年齢になると多少なりとも若く見えるのは嬉しいものです。

そんなわけで、多少なりとも若く見られるために、私がいくつか心がけていることがありますので、同世代の方向けにご紹介。

一つ目はファッション。極端に流行りを追うわけではありませんが、例えば今であればスーツのパンツはノータックの細身にするとか、ネクタイの幅は6~8cmくらいのものにするとか、その程度のことは心がけています。同年齢の人達を見ると、体型の問題もあるかもしれませんが、一昔(もっと?)前のツータックパンツやブカブカのジャケットをお召しになっている例が散見されます。ここを修正するだけで雰囲気ガラッと変わると思います。最近はスーツもお安いですから、新調されることをおすすめします。高級な時代遅れより安価なトレンドです。

二つ目がスキンケアです。やはり加齢が如実に表れるのが肌です。肌つやが良いだけで相当見た目の印象は変わります。特に私のようなスモーカーはそれだけで肌年齢を老化させているので、より切実にケアしないといけません(もちろん禁煙が一番なのは言うまでもありません)。
では、私が愛用していて効果が感じられるものをピックアップしておきます。

洗顔剤はさほどこだわりはありません。ドラッグストアで安くなっているものを選んでいるだけです。割と頻繁に購入するのがこちらの2つ。

洗顔に関しては、何を使うかより、丁寧にしっかりと泡立てて、泡で優しく洗うことが一番大事なのではないかと思っています。

続いて、化粧水。化粧水なんて使わないという勇ましい男子が多いですが、洗ってそのまま乾燥させるというのは、科学的に考えても肌に悪いことは明らかです。激安のものでも良いので使いましょう。私が最近愛用しているのは、炭酸ガスを使ったこちら。

元シンクロ日本代表の藪野美生さんが自ら研究の末作り上げたというこちらの炭酸化粧水です。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分が炭酸ガスによってしっかりと肌に溶け込むという特徴があります。まだ1本使い切った段階なのでその効果をひしひしと感じるまでには至ってないのですが、なんとなく良い感じがしています。
公式サイトは下記。
美容液・炭酸パックでスキンケア!ミウ・コスメティック【公式HP】


化粧水初心者の方には、超お手頃価格のこちらをご紹介。使わないより断然良いです。

続いてはピーリングです。聞いたことないですか?古い角質や汚れを取り除いて肌を活性化させるものです。色々な種類のものがありますが、私がこれまで使った中で一番効果が高いなと思い、継続して使っているのがこちらの商品です。

これは、使い始めた時に当ブログでも下記エントリをあげたくらい、びっくりするほど汚れが落ちました。
びつくり!お肌ツルツル-キュア ナチュラルアクアジェル | kazunoblog
約1年愛用しています。だいたい週に1回日曜の夜にお風呂で使います。洗顔した後に、タオルで水分を取ってから、こちらをワンプッシュして、Tゾーンを中心にマッサージします。ボロボロと汚いのが落ちて、水で流すと、見違えたように肌の感触がツルツルになります。初めて使った人はびっくりすると思います。本当に一皮むけた感じで肌の透明感も変わりますので、是非お試しください。これやった後は必ず化粧水で水分補給してあげてくださいね。

たまーに、顔パックもします。韓流ドラマにはまってから新大久保に食材等の買い出しにまで出かけていく愚妻が、現地で入手してくる激安のものです。探したら1枚59円で楽天にありました。

たまーに、なのは、愚妻が気が向いた時にだけ1枚くれるからですw。本当は定期的にやって肌に栄養を与えてあげたほうがいいと思います。愚妻の買い置きが無くなったら私が注文してあげることにします。(聞いたら新大久保では22枚1,000円だそうですw。でもこちらのショップで100枚3,690円送料無料というのがあるのでこちらの方がお買い得ですね。)

最後に、顔ではないのですが、ボディローションをご紹介。私は乾燥肌で、特に冬の時期になると、足のくるぶし辺りが乾燥して痒くて掻いて血が出るというのをずっと経験してきました。アトピーっぽい症状で、毎年のことなので諦めてたのですが、下記の商品を使ったおかげで、今年の冬は多少痒いものの血が出るまで掻くということをせずに過ごせました。

風呂からあがる前にこちらを手にとって乾燥しそうな場所に塗ってからタオルで拭くだけです。べたつきも臭いも無いので違和感なく使えました。乾燥肌で困っていらっしゃる方は次の冬にでも試してみてください。

以上、私が実践しているスキンケアのご紹介でした。継続は力なりなので、出来そうなものから始めてみてはいかがでしょうか。

言い忘れましたが、もう若くないので自然治癒力とか少なくなっているわけですから、極力日焼けなどはしないようにしましょう。日焼け止めも使いましょう。私も若い頃の日焼けで出来てしまった大きなシミを鏡で見るたびに悲しくなります。若者も油断なさるなよ、と言いたいところです。

 - Life