2010年監査白書

   

内部監査協会から「2010年監査白書」が届いたので、ざっと眺めてみました。6,149社へアンケートを送付し、33%の2,054社からあった回答をまとめたものです。330ページという分量なのでじっくり読みこむことは難しく、そうする意味もないので、興味をひくところだけ斜め読み。

以下、個人的に気になった項目だけピックアップ。

・内部監査部門の組織上の所属形態
社長直属・・・79.6%
取締役会直属・・・4.0%
その他役員直属・・・6.9%
その他・・・6.8%
まあ、あるべき論としては当然の帰結かと思います。上場企業に限ると83.1%が社長直属です。

・内部監査部門の名称
監査部(室)・・・39.2%
内部監査部(室)・・・36.7%
業務監査部(室)・・・5.1%
経営監査部(室)・・・2.6%
内部統制部(室)・・・2.5%
経営企画部(室)・・・1.6%
以下略
「内部」が付かない方が多いんですね。ただ、時系列でみると、1994年は監査部70%で内部監査部13%だったので、内部を付ける方が増加していることがわかります。次回は逆転しそうですね。なお、上場企業に限ると、監査部36.5%、内部監査部42.3%です。

・内部監査担当部門の人員数
1名・・・21.3%
2名・・・21.9%
3名・・・14.3%
4名・・・10.3%
5名・・・5.6%
6名以上・・・26.7%
まあ、業種や規模によるので何ともいえませんが、1名の割合は時系列だと2000年35.1%、2003年26.9%、2007年24.0%、2010年21.3%と確実に減ってきています。内部監査への内外からの期待の高まりが結果として表れているということでしょう。上場企業に限ると1名は15.0%、2名19.9%、3名16.3%、4名以上38.5%です。

・内部監査の実施
業務監査が主、会計監査が従・・・38.5%
業務監査と会計監査が同ウェイト・・・35.8%
会計監査が主、業務監査が従・・・16.0%
業務監査のみ・・・8.3%
会計監査のみ・・・1.3%
思ったより会計監査のウェイトが多くて意外でした。そう考えると、財務や会計の知識・経験が重要視されるということですね。

・情報システム監査の有無
実施している・・・67.8%
実施していない・・・32.2%
システムへの投資が大きくなりリスクも増大していることから、情報システム監査の重要性が増していることがわかりますね。内部監査部門で実施(38.0%)しているケースも多いのですが、情報システム部門と共同で実施(14.0%)や外部委託(10.7%)といった方法もあります。ちなみに、上場企業に限ると、73.8%で実施されています。

以上、内部監査人としては、なかなか考えさせられる白書でありました。

日本内部監査協会・第17回監査総合実態調査 「2010年監査白書」

 - Audit