LOST

   

lost

やっとFinal Seasonまで見終わりました。

LOST

この結末には、賛否両論あるようですが、私は消化不良な感じです。

Season 3くらいから大きく風呂敷を広げ始めた結果、全部をうまく収集できずに無理やり終わらせた、という風に感じます。

いくつかの重要な謎が解明されてないこと、もうひとつの世界がどういう繋がりになっているのかよくわからないこと、などなどです。

以下、ネタバレです。

様々な解釈が可能だと思いますが、私は、最初、Season 5の最後の爆発によって時間軸が2つに分かれて、片方は墜落事故が起きなかった世界(A)、もうひとつが事故が起きた世界(かつ現在)(B)であると考えました。しかし、パラレルに進むはずのA世界の彼らの中にB世界の記憶があるというのはおかしな話です。一方で、B世界の延長にA世界が存在するというのは、死者が蘇ることになるのでつじつまが合いません。もうひとつ考えたのは、Bでジャックがあることを成し遂げた結果、その記憶を持ったまま過去に戻って、やり直した結果がAであるという理論です。いわば、暁美ほむらの世界です。これだと気持ち的には少し救われるのですが、事故よりかなり前の時点まで遡らないと変えられないようなことがたくさんあるので、やはり無理があります。
結局、Aは、B世界で果てたジャックの夢想である、ということなのでしょうか。それだと、ハッピーエンドとは言い難い結末ですね。ハッピーエンドは物語の死だという言葉もあるので、決してそれを求めているわけではないのですが、なんというか、ある種の救いは欲しかったなと思います。それが可能になるだけの伏線として「時間軸の移動」という飛び道具があったわけですから。

とはいえ、壮大なスケールと美しい画、魅力的な謎と、癖のある登場人物で描かれた「大作」であったことは間違いありません。5年間引っ張った上での完結ですからね。ラストに納得できるかどうかは別にして、純粋に楽しめる部分はたくさんありました。「24」、「プリズンブレイク」そしてこの「LOST」が、現時点での、海外ドラマベスト3です。というか、それ以外に見たいと思える作品に出会ってないです。

 - Movie, TV , ,