今年のサンタは大変だ!【Game】

   

3dsp
psvita

昨日の3DSカンファレンスでの任天堂の本気ぶりに痛く感動したのですが、今日のSCEのPS VITA発表会も負けず劣らずの本気度を感じました。
ニンテンドー3DSカンファレンス 2011|Nintendo
SCEJプレスカンファレンスでの発表 - ブログ | PlayStation®Vita コミュニティサイト | プレイステーション® オフィシャルサイト

昨今の情勢を見る限り、ゲーム業界はもうGREEとモバゲーに占拠されてしまうのではないかと危惧しておりましたが、ハードメーカー2社が頑張ってくれたこと、それに対して良質で美麗でしっかり楽しめるゲームをソフト会社が出してくれたことに、ほっと胸をなで下ろした次第です。ちなみに、私は、ゲーム好きですが、ゲーマーではない(2~3年に1本買う程度)、微妙で申し訳ない野郎です。すみません。そんな私でも、やっぱり、自分が好きだったゲームや、楽しんだゲーム、面白そうだと思っていたゲームが、どれもこれもGREEやモバゲーで展開されていくのを見ると、なんともいえない悔しさを感じていたのでした。ゲーム性より課金機会の演出に主眼を置いた携帯ゲームなんて、私にはパチンコの代替だとしか思えないし、暇つぶしのためのクリックだけのゲームに愛着のあるメジャータイトルを冠するのはやめてくれと思っていました。ソフト会社の危機感ももちろん理解できますが、ゲームって作った会社のものであると同時に、遊んだユーザーのものでもあると思うわけです。ゲーマーの愛の上にゲームはあると思うのです。その愛を目先のマネーに釣られて踏みにじっていく、GREEやモバゲーにタイトルを提供することは、そういう側面があるように感じていました。GREEとモバゲーが次々にビッグタイトルをリリースするたびに、そのタイトルに愛を感じていたユーザー達はとても失望していたと思います。モトカノがチンピラの女になってクスリやってるって聞かされたような感じです、ビッチめ(意味不明)。
なので、昨日今日の2社の発表会はとても嬉しく思えました。ユーザーとしては、ここできちんとハードもソフトもばんばん買って、この業界を終わらせないようにしないといけないと痛切に感じました。ユーザーが支えなければ、マーケットがシュリンクして、結果的に良いものがその市場に出なくなります。今年の冬が正念場です。任天堂もSCEも本気で勝負をかけてきました。その思いに応えようではありませんか。

って、買うための言い訳なんですけどねーーー。

ちなみに、私が購入をほぼ決意しているのは、3DSを3台(息子、娘、自分w)、ポケモンスクランブル(息子)、nintendogs+cats(娘)、テイルズオブジアビス(私)、マリオカート7(みんな)、マリオ3Dランド(みんな)、来年ファイヤーエンブレム(私)、来年どうぶつの森(娘)、来年ガールズモード(娘)、来年トモダチコレクション(娘)、来年カルドセプト(私)です。PS VITAは、まだソフトラインナップ的に決め手に欠けるのでペンディング。その代わりに、WiiかWiiUをDQXのために購入予定。そうするとゼルダも候補に入ります。PS3ももういい加減ほんとは欲しいのだけど、ぐっと我慢。我が家のTVは愚妻の韓流ドラマに占拠されていてゲーム使えないので、モニターも必要になるんですよねー。置き場所の問題もあるし。思案中。

amazonではまだ3DS関連は予約できないみたいですね。ちょくちょくチェックして、10/20発売のピンクの3DS(娘)をゲットしないといけません。あと、クリスマス間近は在庫がやばそうなので、買うつもりの本体とタイトルは早め早めの予約が吉かと。

 - Game , ,