そろそろ秋のワードローブ作らないとね

   

glrlogo

まだまだ日中は残暑が続いておりますが、朝晩は結構涼しくなってきましたね。
ということで、そろそろ秋物の洋服を準備しないとと思いました。

今年の夏は、スーパークールビズ発令によって、ポロシャツとチノパン、スニーカーで仕事をしてきた訳ですが、改めて快適だったなと思います。例年のスーツ着てジャケット手に持ってというのは、日本の蒸し暑い夏には全く機能的でないことがよくわかりました。特にパンツの違いは大きかったです。汗かいたら洗濯機で洗えばOKというのは、とっても清潔で便利。スーツの時は、わざわざクリーニングに出しに行って、取りに行ってという手間とお金がかかるので、気持ち悪くても多少は我慢して履いていましたが、洗い立てのチノの快適さは格段ですね。

さて、で、秋服の話ですが、ここはひとつ、オータムカジュアルを推奨しておこうと思います。ポロシャツを長袖のカジュアルシャツにして、引き続きパンツはチノで、必要に応じてセーターやジャケットを追加という方向がよろしいのではないかと思います。男として格好良くスーツをビシッと決めるってのも自意識的には好きですし、3ピース着てるとなんか仕事できる風に見えてそれはそれで良いのですが、特に来客も無いデスクワークだけの時は、楽に過ごせるビジネスカジュアルの方がいいんじゃないかと、今年の夏を終えて思った次第です。スーツは特別な礼服だというスタンスにして、キチンとしないといけない時はスーツ、そうじゃない時はキレイめカジュアルというのが、効率的ではないかと思います。いや、絶対そうだと言い切れます。

で、じゃあ、問題はどういうシャツにするかですけど、基本的にはオーソドックスなオックスフォードシャツで、洗いざらしでもそこそこ綺麗に見えそうなもの(これは買って洗濯してみないとわからないのですけどね)が良いんじゃないかと思います。無地かストライプが無難。チェックはカジュアル過ぎるので却下。色はホワイト、ピンク、ブルー、ライラックあたりでしょう。襟は、ノータイでもしっくりくるボタンダウンで間違いなし。さらに、多少の遊び心が感じられるようなデザインだと堅くなりすぎなくてよろしいかと。

この辺の要件を満たすものを、大好きなブランド「united arrows Green Label Relaxing(GLR)」で探してみたところ、結構良さげなのが見つかったので、とりあえず2着注文してみました。ボタンに色々なカラーが使われているものと、ボタンホールにカラーが使われているものを1つずつ購入しました。着てみて良さそうだったら、他のカラーやデザインのを追加しようかと思っています。BEAMSにも前たてにカラーラインが入っている良さそうなのがあったのですけど、お値段がGLRの1.5倍するので、今回は諦めました。私の中では、デザインと品質と価格のバランスが一番取れているのがGLRかなと思っています。このブランドの対象年齢はたぶん私より10歳くらい下のアラサーだと思っているのですが、おっさんが着てもいいじゃないかとw。

今回もamazonで買いました。私の場合、お店を覗くと、ついついたくさん購入してしまう癖があるので、ネットで吟味しながら買う方が無駄遣いが減っていいんです。BEAMS、SHIPS、TomorrowLandなんかが1ヶ所に固まっているモールなんか行くと絶対駄目。目移りしながら各店で同じようなものをたくさん買い込んでしまうので。ゆっくり冷静になってアドレナリンを押さえ込んで、必要なものだけをカートに入れて、購入前にもう1回「本当に必要か?」と自問自答してから、ポチッとするのが今のところ私のベストな買い方な気がします。ZOZOTOWNは商品有りすぎて目がチカチカするので、amazonの方が買いやすいです。

秋物を購入すると、早く涼しくならないかなぁと思いますね。

私が購入したのは、下記2つです。

 - Shopping , ,