2011忘年会 #3 @蛍の庭 w/ 大学時代の仲間

   

hotarunoniwa
昨日、忘年会第3弾がありました。
メンバーは、大学時代のサークルの仲間達+アルファです。
場所は、渋谷の蛍の庭。ここ数年はいつもここです。
ぐるなび - 蛍の庭 旬魚・炭火・串焼き

毎回、幹事をやってくれる一つ下のYくんに感謝です。Yくんがいなかったら、年に1回のこの集まりが恒例化できてなかったことでしょう。早い時期から予定を聞いて調整して、店おさえて、その後の連絡もまめにしてくれて、こういう逸材がいてくれてよかったです。彼より下の代も参加しているのですが、この忘年会の幹事を安心して任せられる奴がいないので、Yくんにはやはりこれからも幹事をやっていただきたいと思います。

同期のNくんは、当時サークルの代表だった、みんなに好かれて頼られるキャラで、今回も少し薄くなった部分をネタにされながらも、鋭い切り返しで、しっかりと場の中心でした。

同じく同期のMくんは、宴の途中にも関わらず、後輩に強要して、後輩だった女子に電話して、そこからハイテンションで幸せそうでした。そういう気持ちがあるっていいよね。是非、件の女子とサシ飲みを実現させて、報告していただきたいものです。

同期Nくんは、家がご近所さんなので帰りの電車まで一緒でしたが、少し口数が少なかったように思えました。この歳になって、ようやく落ち着いてきたのでしょうか?ガジェット好きな点は私と趣味が同じなので、また情報交換しましょう。

サークル外なのですが、仲良しで参加してくれる独身貴族のFくんも、いつもより「くどさ」が少なかったようでした。年に1回くらいは、Fくんらしいくどさを味わいたいので、来年はもっとテンション高めでお願いします。良い話も聞きたいねー。

同じくサークル外のIくんは、とうとうドクターになってしまいました。前回参加してくれた時は、大学に入り直したという話で、かなりびっくりしたのですけど、もう卒業してドクターになったとは、時間の経つのは早いものです。

同じくサークル外から参加のKくん(旧Sくん)は、名家に嫁いだ(?)のですけど、ほんとに下々の人間には想像がつかない話をしてくれて、5,000坪って何だよ、東の林とか西の林とかって方位で場所を示すとか、まじ訳わかんないです。すげー。Kくんちでのタケノコ掘りは参加したいのですが、1月からの仕事がどういう状況になるかわからないので微妙です。

もう一人サークル外のMくんは、相変わらずダークな雰囲気を醸し出していて、ほんとに昼間にサラリーマンやってるというのが信じられません。牡蛎を食べるといいよと教えてくれたので、機会が有れば積極的に食べてみようかと思っています。

同期で毎回参加していたHくんは、今回家庭の事情(というか自らのチョンボ)で不参加でした。「Hと原田は仲悪いから来なかった」とか言われてましたけど、全くのデマです。入学式の1日前からの付き合いで、大学で最初に友達になったのがHくんなので、本当に仲良いですから、誤解なきようw。

一つ下は幹事のYくんのみの参加。2人のTくんが来ないとは・・・。一人は仕事らしいのでまあ仕方ないにしても、もう一人は連絡がつかないってどういうことなの?元気にしてるのかなぁ?Yくんとはまた来週会うので、そちらも楽しみにしています。よろしくね。

二つ下からはTくんが参加。去年は奥様のお怒りを気にしてかなり挙動不審でしたが、今年も参加してくれて嬉しいです。存在自体がネタなので、いじりがいがある貴重な面子です。来年は同期を引き連れて参加してほしいです。

三つ下は恒例のNくんに加えてKくんが参加。Nくんは、またスーツで仕事してきました感をアピールしてましたが、いったい誰に何をアピールしたいのかさっぱりわかりません。コスプレ好きの綺麗な奥様と、君に似ていながらも可愛いというお子様との家庭での様子が全く想像できません。結婚も出産も嘘なんじゃないかと私は思っています。Kくんは、この忘年会初参加でしたが、まめにお酒を注いだり、オーダーしたりと、気の使い方が半端無かったですね。ちょっと申し訳ないくらい。グダグダで上下関係とか無いメンバーなので、次回はもっと楽しんでいただきたいと思いました。帰りの電車が途中まで一緒でしたが、ホームで電車が動くまで立って見ている姿は、さすがバンカーといたく感心しました。来年も参加してください。

今回のメンバーは以上でした(たぶん)。
宴は、毎度の学生時代と変わらぬ乗りで、20年前の昔話と今の話題とが交錯する、楽しい楽しい5時間でした。これからも、ずっと馬鹿話しながら付き合っていきたい濃いメンバーです。来年もよろしくお願いします。

あ、そうそう、お店は個室で料理も美味しくていいのですけど、去年同様にオーダーしてもなかなか来ない点だけが残念でした。去年接客してくれた超無愛想な店員さんが今年もいて、びっくりしました。来年もまだいるかなw。

 - Gourmet