無線LANルーターをAterm WR9500Nに変えました

   

自宅の無線LANルーターを買い換えました。
これまで、引っ越してきた際に申し込んだNTTのフレッツ光に付いてきた無線LANルーター「光ポータブル」を使っていました。これだけだと2Fにある自室まで届かないので、下記プラネックスの無線LANコンバーターを階段に置いて中継していました。

ですが、あまり効果が感じられず、電波のつかみが悪くて、ひどい時は一日に数回WiFiが切れて、そのたびにPCの無線LANを切断して入れ直してという作業を続けてきました。距離があるし壁もあるから仕方ないのかなと諦めていたのですが、下記の記事を見て、無線LANルーターとコンバーターを買い直せばうちでも繋がるのかもと思い、日々のストレスから解放されることを期待して、Atermデビューしました。
【清水理史の「イニシャルB」】 第464回:Atermシリーズのフラッグシップ機、450Mbps対応「AtermWR9500N」を試す -INTERNET Watch
購入したのは、こちらのイーサネットコンバーターモデルです。同じものが2台入っていて、最初から子機の設定が出来ているという便利な代物です。

で、結果はどうだったかというと、以前よりは電波感度が良くなりました。ただ、1階の親機の近くはビンビンなのですが、2階の自室だと、やはり電波が弱くなってしまいます。階段に設置した子機の近くもビンビンなので、そこから自室への壁とPCの置き場所がよろしくないのだと思います。まあ、でも、前のようにプチプチ切れることが無くなり、安定したので、良しとしようかと。
サイズも手頃で、アンテナ内蔵なので置き場所に困らないあたりは、評価できると思います。特に難しい設定も必要ないので、無線LANが弱いなーと思っている方にはおすすめできる一品かと。

 - PC ,