VOCALIST VINTAGE/德永英明

   

完結したと思っていた德永英明の「VOCALIST」シリーズから、「VINTAGE」が出ていたので、iTunesで購入してしまいました。「VOCALIST」は全て購入しているので、やっぱコンプしないとと思ってw。

「VINTAGE」は、その名のとおり、古い世代の名曲カバーです。いわゆる演歌です。世代的には、私より10歳~20歳程度上がツボだと思いますが、昭和の名曲揃いなので、ほとんど聞き覚えのある曲ばかり。そして、德永氏が歌うと、やはり独特の世界観が出ますね。こぶしグルグルのど演歌でもなく、でも彼の揺らぎのある声が見事に楽曲にマッチしています。余人を持って代え難い歌い手だと、改めて感じました。

「悲しい酒」、「ブルーライト・ヨコハマ」、「伊勢佐木町ブルース」が個人的には好きです。

奇しくも、先日、監査役会の後にスナック(古!)に行きまして、68歳の監査役のお好みに合わせる形で、昭和歌謡を何曲も歌ったばかりなのですが、なんといいますか、最近は激しめの曲より、こういうしっとり系のムード歌謡の方が歌ってて気持ちよかったりします。歳ですかね。と言っても、演歌って、そこそこは歌えるのですけど、惚れ惚れするほどには上手く歌えないので悔しいです。德永氏のような魅惑的な声が欲しいなと思います。

ちなみに、iTunesで、こちらも一緒に購入しました。いやー、駅のポスター露出すごいですよね。おじさん、目のやり場に困りますw。

 - Music , ,