上場までの道のり

   

ipo
諸般の事情により、つぶやいたりブログに書いたりということを軽く自粛してきたのですが、やはり、気持ちを綴っておきたくなったので、書くことにします。

6月26日に、私が勤めるモブキャストは、東証マザーズに上場することができました。

新規上場:㈱モブキャスト(6/26)

上記facebook東証公式ページの鐘の前での写真(右端)、一番右が私です。共に頑張ってきた仲間達とこうして記念写真を撮ってもらうことは夢のような気持ちです。(facebookユーザー以外は見られませんね。すみません。)

入社から半年、まさに怒濤の半年間でした。短かった気も、長かった気もします。

今年の1月に4年ぶりに復帰させていただき、いきなり審査最終局面というステージだったので、必死でドキュメントを作ったりヒアリング対応したりと、フルスロットル状態で3ヶ月頑張りました。おかげで、主幹事さんの審査は無事に終わり、3月14日に東証さんに上場申請しました。担当で付いていただいた方が非常にソフトな方で、当社事業への理解も速く、正直「当たったな」と思いました。審査官次第で承認までの道のりが全然違ってくるので、この点は非常に助かりました。申請日に上場申請書類一式を提出した後は、東証さんのヒアリングが10日に1回程度のペースで3回ありました。毎回30問程度のボリュームでしたが、このへんは上場コンサルをやっていた杵柄がありましたので、サクサクと進めることができ、予備でとっていた4回目を待たずにOKが出て、5月21日に無事に上場承認をいただくことができました。その後、いろいろと予期せぬことがありましたが、東証さん、主幹事さんと緊密に連携をとりながら、しっかりと説明責任を果たして対応し、全く問題にはならずに、上場までちゃんとスケジュール通りに進みました。逆に、こうして上場できたことが、私たちに問題や後ろ暗いことがないことの証明だと私は思っています。


そして、いよいよ6月26日、上場日。
朝4時に起きて7時前に出社して、7時から7時半という時間指定に合わせてTDNetでお知らせを提出し、東証へ向かいました。ストックボイスTVという番組に10時から社長が出演することが決まっていたので、現地で合流(役員は8時から主幹事の本社でご挨拶してから移動)した社長と番組出演(出たのは社長だけ)した後、東証の大きくて豪華な応接室で、上場セレモニーに参加しました。上場通知書と、西洋の商売の神様をかたどった楯と、鐘を突くためのロゴ入り木槌を拝受し、記念撮影。Arrowsに移動して、監査役や従業員、関係各位と合流して、また記念撮影。そして、例の鐘がある場所に移動して、2人1組で5回(回数は5回と決められています)鐘をつきました。私は社外取締役になっていただいている海老根さんと突きました。実は、私と海老根さんは、大学時代からの友達でして、まさか一緒に東証の鐘を突くことができるとは想像もしてませんでした。20年ぶりのダブルスでした。ここでもまた写真を撮って、いったん解散。私は東証の上場部さんにお伺いして、上場後の当社の担当になっていただいた方にご挨拶申し上げ、上場審査部に必要書類を提出し、主幹事さん達と兜町の有名な焼鳥屋(?)でランチ(役員は三菱倶楽部で主幹事様とランチ)。その後、三菱ビルの主幹事さんところの会議室で兜倶楽部投函用書類の準備をして、14:45から日経CNBCへの社長出演に同行し、兜倶楽部でリリースを投函して、記者会見を行いました。これにて本日のスケジュールは終了したので、会社に戻って、17時指定の独立役員届出書をTDNetで提出したり、不在時にかかっってきていた電話対応を行ったりしました。お祝いでものすごい量のお花やらオブジェやらケーキやらをいただき、感謝感激し、この頃になって、ようやく上場したんだという実感が少ししてきました。夕刻から近くのTYハーバーさんにて経営会議メンバーで軽く乾杯をしました。一人一人、ここまでの道のりについてスピーチした後、社長から全員に一言ずつ言葉をいただきました。感激で涙腺ゆるみっぱなしでした。社長は本当は従業員全員に言葉をかけてあげたいのだろうなと思いつつ、この場に居られたことに感謝しました。このメンバーの誰一人欠けても上場できなかったと思いますし、今いる従業員全員と過去に関わってくれた多くの方々の貢献が無ければここまで来られなかったと思います。佐藤が「確率変動を連チャンで何回もかけないと、こうなってないですよね」と言ってましたが、まさにミラクルだったと思います。その奇跡を創り出してくれた多くの出会いとご支援に深く感謝しています。

上場まで決して平坦な道のりではありませんでした。大変な時期もあったように聞いています。それでも、ここまで来られたのは、社長の強い思いと、役社員全員の頑張りによるものだと思います。素晴らしい仲間達がいてくれることを誇りに思います。

会社に戻って軽く仕事をしてから帰宅しました。長い長い、そして感慨深い一日でした。駅までの人通りの少ない道で、小さい声で「やったー!!」と叫びましたw。これまでにいくつかの上場に立ち会ってきましたが、これまでとは比べものにならないくらい嬉しい上場でした。

ここから、また、次のステージに向かって、戦いは続きます。IPOは2ndステージのスタートだと思っています。もっともっと精進して、株主様をはじめとする関係者の皆様方の期待にしっかりと応えていく所存です。ミラクルを続けていきたいと思っていますし、今いるメンバー達と一緒ならそれが出来る気がしています。

引き続き、ご指導及びご鞭撻をいただけますよう、お願い申し上げます。

東京証券取引所マザーズ市場への上場に関するお知らせ|IR情報 | 株式会社モブキャスト

 - mobcast ,