財布とコインケースを新調しました

   

wallet
ハワイで財布とコインケースを買いました。

ヴィトンの財布は、2006年7月から使っていたので、6年ちょい、プラダのコインケースは1994年に愚妻からプレゼントでもらったもので、18年くらい使ったことになります。どちらも結構へたってきていたのですが、愛着のあるものなので、なかなか買い換える決断ができずにいたのですが、ハワイなら多少お安く買えるということで。

新しいのは、ボッテガ・ベネッタの財布と、トリー・バーチのコインケースです。

イントレチャートがお気に入りで先日名刺入れもボッテガのものにしたこともあって財布は買い換えるならボッテガしかないなと思っていました。アラモアナのボッテガでいろいろ見せてもらって、ブルーの今年のモデルでパスケース内蔵型のものが非常に格好良くて良いなと思ったのですが、定番のものに比べて2倍近い値段がしたので諦めて、定番の形で定番の黒にしました。飽きずに長く使えそうかなと思いまして。実は日本でネットで探したときには、コインケースが付いているものしか見あたらなかったのですが、私はコインケースは別に持ち歩く方が好きなので、逡巡していました。今回、店舗では、ちゃんと開きの両方にカード入れが付いているものがありましたので、即決でした。ただ、革が厚めゆえに、これまで入れていたカード類全てを収納することはできなかったので、必要最低限のものだけを入れるようにしました。長年折り畳みを使っていて、世の中の流れは男子も女子的な長財布のラウンドファスナーであることは承知しているのですが、どうも自分には似合わない気がして、今回もやはり折り畳みにしました。460$でした。

コインケースの方は、ここまで長く使ってきたのは、愛着だったりプレゼントだったりという理由もさることながら、片手でパカッと開けて、サッと小銭が見渡せて、取り出しやすいという独特の形状の使い勝手の良さに惚れ込んでいたからなのですが、どこのお店もこの形のものは無くて、このままプラダを使い続けようと思っていました。が、たまたま愚妻の買い物に付き合って入ったトリー・バーチで見たものが、品質も良さそうで値段もお安かったので、ラウンドファスナータイプだけどまあいいかと思って購入に至りました。紫と水色が新色だとかで陳列されていて綺麗だったのですが、あえて財布に合わせて無難な黒にしました。こちらは95$でした。

どちらも長く使えそうな感じがしています。大切に使いたいと思います。

 - Life ,