肺炎になりました

   

わざわざ書いて遠方の両親に心配させることもないのですが、記念碑的なことはここに書いて残しておこうと決めているので、書きます。

土曜の夕方くらいから身体がだるく、咳がひどかったので、日曜は市販薬を飲んで安静に寝ていて、月曜の朝、病院へ行きました。その時はまだ熱がほとんど出てなくて、まあ風邪でしょうね、というような診断で抗生物質やら咳止めやらをもらってきました。

ところが、火曜になってから、急に熱が出てきて、39度くらいまで上がりました。さすがに39度だともうフラフラで階段の上り下りすら厳しい状況でした。もらってきた薬を飲んで、水分とって、布団にくるまって、ガンガン汗をかいて、着替えて、またかいてを、火曜、水曜の2日間繰り返しました。熱は時々38度くらいまでは下がるのですが、そこからなかなか下がってくれません。ただ、体中が悲鳴をあげて痛い39度を経験していると、38度だと結構身体が楽だったりしました。

月曜から水曜まで、ゼリーを1日1個食べるくらいが限界の喉の痛さと食欲不振、だるさだったため、一気に体重が46kgまで3kgも減りました。栄養失調間際って感じですね。

木曜夕方になんとか踏ん張って病院に行って、症状を伝えると、レントゲンを撮ってくれて、「心臓と逆側の肺のところが少し不鮮明になっているので、肺炎もしくは気管支炎、うーん、肺炎でしょうね。」と軽くアナウンスメント。「入院の必要まではないですが、安静にして、仕事は私の許可が出るまで行かないように。行ってもどうせ仕事にならないと思いますし。」と。
「ところで、相当顔色が悪いし、フラフラしているけど、食べられてない?じゃあ、点滴しときますか。」ということで久々の点滴。ただ、空調が強かったのか私の身体がおかしかったのか、ものすごく寒くて、用意された毛布にくるまって震えながら1時間半打ちました。
これまでより強い薬を出してもらうことになったのと、高熱用の解熱剤をもらったので、帰宅してすぐに熱を測って、基準値の38.5度を超える38.8度を確認した上で解熱剤投入。これが効きました。2時間くらいで37度台後半まで下がり、随分身体が楽になりました。

無理矢理にでもゼリー以外のものを何か食べた方がよいだろうと、1日1回は愚妻にうどんを作ってもらって少しずつ口にするようにしています。

さて、肺炎について調べてみたのですが、原因も多用だし症状も多用で、よくわかりませんでした。
アステラス製薬|なるほど病気ガイド|肺炎
ここが一番わかりやすかったです。

まあ、要するに、身体が弱っている年寄りがかかりやすくて、年寄りはこれで死亡する人が多い(がん、心疾患、脳血管疾患に次ぐ4位)、ということでした。骨粗鬆症に次いで、肺炎まで患うとは、今年はおじいちゃん系病気に縁がある年のようです。

頑張って早く治したいと思います。

ちなみに、1つだけ良かったことがあります。
タバコをもう6日間も吸ってません。喉痛くて不味くて吸えたもんじゃなかったからなのですが、禁断症状より重い熱病にさらされていたおかげで、少し回復してきている今でも吸わないでいられてます。このまま止められたら災い転じて福となすなのですが。

 - Life , ,