仮面ライダー×仮面ライダー MOVIE大戦アルティメイタム

   

rider201212
昨日、大晦日に映画「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム」を愚息と観に行って来ました。
冬のライダー映画は大晦日というのが毎年恒例となりつつあります。大晦日は劇場も空いてて良いんですよね。(以下ネタバレあり)
仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム

スタイリッシュ&シリアスなウィザードと、ハチャメチャお笑い系のフォーゼとの共演でしたが、なかなか楽しめました。いつものパターンで、フォーゼの回、ウィザードの回がそれぞれあって、MOVIE大戦の回に繋がっていくという流れでした。ただ、今回はフォーゼが5年後を舞台にしていて、タイムトラベルが織り込まれているので、少し舞台設定は入り組んでいました。

フォーゼの回ですが、5年後の世界では、弦太郎が教師になっていて、ユウキが最年少宇宙飛行士に、流星がインターポールの捜査員になっていて、それぞれ成長した姿が頼もしく思えました。映画前作登場の原幹恵が今回も登場して流星のパートナーになっていたり、映画前々作登場の撫子(宇宙に帰った)が戻ってきたりと、キャラクター的には非常に豪華で大盛りな顔ぶれでした。あと、イナズマンが出てきました。


ウィザードの回は、美少女仮面ポワトリン大活躍でした。ポワトリンはその名前と風貌は記憶にあるのですが、いったいいつ頃の作品でどういう話だったのか、さっぱり覚えていませんでしたので、調べてみました。
美少女仮面ポワトリン - Wikipedia
なるほど、90年放映なんですね。その頃には20歳過ぎてますのでそれは覚えてなくて当たり前というか、覚えてたら逆に恐いですね。そのポワトリンのアンダーワールドが戦いの舞台です。アクマイザー(これも良く覚えてないですが75年)が敵で、ファントムさん達はお休みでした。強制的に眠らされているポワトリンと子供達を助けることで、4つのライダーリングと1つのスペシャルリングがもらえ、これを使って、オーズ、バース、W、アクセルの4ライダーがアンダーワールドに出現しました。オーズの映司だけが特別にキャラ出演してくれて嬉しかったですね。翔太郎とフィリップも見たかった。

アルティメイタムの回は、弦太郎達が5年前にタイムトラベルしてくるところが一番の味噌でした。現在の弦太郎からフォーゼドライバーを借りて(5年後に弦太郎はフォーゼドライバーを失います)アクマイザーのところに向かいます。そして、何故か持っているリングを使ってアンダーワールドに出陣。
これで、ウィザード、フォーゼ、メテオ、撫子、オーズ、バース、W、アクセルの8人ライダー集結で、バイクで装甲車を追いまくり。この辺が戦いの一番の見所でした。ウィザードのスペシャルリングは、「ファイヤー、ウォーター、ランド、ハリケーン、ドラゴン」の全部盛りでど迫力でした。無事に戦いを終えて弦太郎達は5年後の世界に戻っていきます。晴人は5年後の弦太郎から現在の弦太郎にドライバーを返しておいてくれと頼まれ、晴人は返す時に一緒にリングを渡します。これが5年後(今回)に使われたという非常に凝ったエンディングでした。後で愚息にわかったか?と聞いたら、やっぱりわかってなかったです。子供にはちと難しかったかもしれませんね。ただ、伏線をしっかり回収してくれているのは大人としては嬉しいです。

総じて、ストーリーも破綻無く面白くできていて、アクションも派手で見所満載、楽しめる作品だったと思います。

最後に特報でまた仮面ライダーと戦隊全員集合の映画やりますというのがあったのですが、さすがにもう数で勝負するのはいらないなというのが正直な感想です。平成ライダーだけでも全員それぞれの良さを出そうとすると尺が足りないくらいまできているので、昭和ライダーと全戦隊までというのはね。1回目はお祭り的に、しかも対決という形だったのでまあ良かったですけど、二番煎じは・・・。ウィザードの次が平成ライダー15周年なので、お祭りはそこでやってほしいんですけどね。

 - Movie