DQVII初期レビュー

   

dqvii
届いてから10日経ちました。
3末まではハードワーク確定なので、平日はもちろん出来ず、週末も仕事のことが多くて、なかなか触る時間がありませんが、それでも時間を見つけて、ちょこちょこ進めて、序盤は抜けたかなというステータスです。今、からくりをクリアしたとこです。

リメイクをプレイするといつものことですが、完全に忘れてます。なので、全く新作を遊んでいる感覚です。名作の誉れ高いVIIなので、やはり面白いですね。(少なくともここまでは)自由度は低いので決められたストーリーを追うだけなのですが、シナリオが非常に良く出来ていると感じます。画質は3DSクオリティなので決して美麗ではないのですけど、街などはとても綺麗に描き込まれていますし、ちょっとしたアクションも表現が美しいと感じます。例えば、ルーラを使う場面でキャラがジャンプするのですけど、その細かい仕草がよく出来てたりします。

3DSで追加されたすれちがいやインターネット通信などは、やはり最初から組み込まれていない要素だけあって、今ひとつしっくりきません。まあ、持ち歩いてないので、すれちがわないというのもありますが、先日プレイしたBDFFは積極的にすれちがおうというモチベーションが働く仕組みになっていたので、わざわざ持ち歩きましたが、こちらはそこまでしようと思わない、すれちがいやらなくても本編に影響ないということで、持ち歩こうと思わないのですよね。わざわざ移民の街へ行きたいと思うこともないし。まあ、後付要素なので仕方ないですかね。もう少し本編を進めたらやりたくなるのかもしれませんが。

個人的にはFF派なのですが、DQはDQで良さがありますね。今のところ無駄なレベル上げをしなくても進められています。とはいえ、割としっかり準備してから進めたいタイプなので、この先はそういう場面も出てくるでしょうね。
VIIはとにかく長いという印象があるので、ここからまだまだ先は長いのですが、少しずつ進めていこうかと思っています。
そうそう、BDFF終わってから始めたアンチェインブレイズエクシブは、やはりダンジョン系が好みじゃなかったので、早々に止めちゃいました。

 - Game ,