命日

   

cocoa
6/5は、愛犬ココアの4回目の命日でした。

この1年も旅行でいなかった時を除いて毎日欠かさず朝晩2回お線香をあげて手を合わせてきましたし、胸のペンダントロケットにはずっと遺骨が入ったまま肌身離さず持ち歩いています。

ココアのいない生活はいつまでも寂しいです。どんなに遅くに仕事から帰っても、玄関でずっと私の帰りを待っていてくれて、嬉しそうに駆け寄ってくるココアがいなくて、連日の深夜帰宅がとても辛く寂しいです。寝る時にわざわざ私の両足の間に身体を潜り込ませて寝るココアがいなくて、足下が寂しいです。歯磨きしてると飛びついてきて舐めてくるココアがいなくて、歯磨きが短くなって虫歯になりそうです。

ココアがいてくれた11年間とココアがいなくなってからの4年間、この年数の差がどんどん小さくなっていって、いつか追い越してしまうという現実が信じられません。

これからもずっと空の上から私たち家族を見守っていてください。いつまでもココアは私たち家族の大切な宝物です。

 - Life