10周年と総会&打ち上げ@ちゃんこ芝松

   

総会
3/26にモブキャストは10周年を迎えました。私は、初期3年と後期2年の5年関わらせていただきました。創業メンバーということで、10年という節目をとても感慨深く思います。中目黒の小さな一軒家からスタートした会社が、紆余曲折を経て、念願の上場を果たし、10年を迎えられたことは、非常に嬉しく思います。思い起こせば、創業当時は毎日がワクワクの連続でした。これから何を生み出そうか、それが世の中にどう受け入れられるのか、そんなことを思いながら、少ないメンバーで試行錯誤したり、畏れ多いほど有名で優秀なクリエイターの方々とお話させていただいたりさせていただきました。ゲームと映像の2つの事業にドメインを絞って、、どちらもオリジナルで特色のあるサービスを打ち出しました。早々にVCさん等から非常に高くご評価いただき、出資のオファーをいくつもいただき、住友商事さんをはじめとする数社から出資をいただきました。自分の作った事業計画書で数億円の資金を調達できたことは、私にとって大きな財産になり、自信にもなりました。サービスが期待通りに行かず、苦しい時期もありましたが、常に前向きな社長に引っ張ってもらって、いろいろな経験をさせていただいた3年でした。そして私はいったん身を引きましたが、そこからの5年間で会社は私の想像を超える成長を成し遂げました。上場への道筋が見えてきた2012年1月から縁あって再びジョインさせてもらい、怒濤の6ヶ月間を経て、無事にマザーズに上場することができました。何社もの上場を経験してきた私ですが、それまでとは比べものにならない嬉しさがこみ上げてきたことを覚えています。上場期である9期は何もかも順調に進みましたが、上場2期目の10期は一転して苦難の1年でした。現場もバックオフィスも厳しい1年となりました。良いときもあれば悪いときもある、苦しい痛みを乗り越えて初めて飛躍的な成長があるのだと信じて進んだ1年でした。そして、まだ快晴とまではいきませんが、暗いトンネルは抜け出ることができたと感じるこの3ヶ月は、明るい未来を信じて、そのための準備をしっかりした3ヶ月でした。超ハードな3ヶ月でしたが、やり遂げた充実感はあります。この春から、準備してきたことが回り始め、挽回に打って出る体制ができています。11年目を輝かしいものにするため、私に出来ることは何でもやって、信頼できる仲間達と晴れやかな来春を迎えたいと思っています。10年間、支えてくださった多くの皆様に感謝すると共に、これからの10年もよろしくご支援賜りますようお願いいたします。

そんな節目の3/26、第10回の定時株主総会が開催されました。上場して2回目の総会は、厳しさを覚悟して、万全の体制で臨みました。バックオフィスにとっては年1の一大イベントであり、総務を中心に周到な事前準備をして当日を迎えました。たくさんの株主様にお越しいただけました。恙なく無事に終了できて本当に良かったと思います。頑張ってくれたメンバーに感謝したいと思います。

総会終了後の取締役会を終えて、組織変更のプレスリリースをTDNetであげてから、プロネクサスのブースに行って、有報、内部統制、臨報、訂正届出書をEDINETで提出して、今日の仕事は終了。長い1日でした。

夜は、今回の総会をメインで仕切った3人で軽く打ち上げに行きました。ちゃんこ芝松です。
ちゃんこ鍋|芝松
達成感と高揚感あふれる中、美味しい料理を囲んで、楽しく慰労ができました。
喜びもつかの間、次のイベントがすぐに控えていて、それが終わると1Q決算です。またしばらくハードな日々が続きますが、頑張っていきたいと思っています。

ちゃんこ芝松

 - mobcast , ,