iTunes Matchでディスク容量節約

   

iTunesMatch01
うちの母艦はX240sのSSDなので、ディスク容量が128GBしかありません。毎週のように音楽をダウンロードしたりリッピングしたりしていたら、空き容量が7GBしか無くなってきました。そこで、満を持して、iTunes Matchを導入しました。

Apple - iTunes - iTunes Match

iTunes Matchは、全ての音楽ファイルをiCloudに保存できるサービスです。購入したものもリッピングしたものも何もかも全てクラウドに保管できます。さらに、iTunes Storeにある曲であれば高音質な状態に置き換えられて保存されます。その上、デバイスから元ファイルを消去しても、クラウドのファイルは保存されたままです。なので、私のようにディスク容量が切迫している場合は、iTunes Matchにして、PCからファイルをごそっと削除することで、一気に空き容量が確保できるというわけです。

導入はとても簡単です。iTunesでMatchを開始すると、自動的にPC内の音楽ファイル情報を収集して、クラウドにアップロードしてくれます。
iTunesMatch02
私の場合は、約3千の曲がiTunesに入っていて、この中からiTunes Storeに無いファイル約半分がアップロードされました。時間は1時間くらいでした。

iTunesMatch03

完了したら、iTunesでマイミュージックの曲を表示して、全て選択して一気に削除しました。この時、iCloudのファイルも削除にチェックを入れないことが大事です。入れちゃうと無くなってしまいますので。後はゴミ箱を空にしてから、オフラインでも聞きたいプレイリストだけをダウンロード(雲アイコンをクリック)しておけば完璧です。

私は約400曲だけダウンロードしました。これで、PCの空き容量は7GBから20GBに一気に増えました。

さらに、iPhone6の設定からミュージックでiTunes Matchをオンにすると、いったん保存してあった全ての音楽ファイルが無くなり、クラウドの全てのファイルが見られるようになりました。こちらもオフラインで聞きたい曲300曲くらいをダウンロードしておきました。
さらに、さらに、母艦以外のPCでもiTunes Matchの音楽は全て聴くことができます。

いやー、便利ですね。これで年額4千円しない=月額300円ちょいです。安いと思います。

ってことで、PCの空き容量が寂しくなってきたら、iTunes Matchの導入をおすすめします。

 - Music , ,