【MacBookアクセサリ】Cote&Ciel インナーケース レビュー

      2016/04/09

coteciel0

MacBook Air 11インチ用の「Cote&Ciel(コートエシエル)Zippered Sleeve」インナーケースが届いたので、レビューします。

Cote&Ciel(コートエシエル)は、2008年に誕生したスタイリッシュなモバイルケース&バッグを提案するライフスタイルブランドです。鎧のようなバックパックなど革新的なデザインとデジタル世代にマッチした機能性を併せ持ったアイテムを続々と発表している注目のブランドです。

そんなコートエシエルからは、MacBook Air専用のスリーブケースがいくつもリリースされており、その一つが今回私が購入した「CC-28143」です。
MacBook Air 11インチ専用なので、当然ながらMBAにジャストフィットするサイズです。
デザイン性と機能性の両方を追求しているブランドだけあって、見た目もスタイリッシュですが、性能も妥協していません。

商品の包装はミニマムです。

coteciel1

裏面には数カ国語で簡単な説明が記載してあり、日本語部分はこんな感じ。

coteciel2

Cote&Ciel の特徴的素材、ダイヤモンドグリップのテキスタイルを使った保護収納アクセサリー。このファスナー付きスリープには、引っ掻き傷などを防止する為、裏ファスナーとセイフティーリップが付いています。

ケースから取り出すとこんな感じです。

coteciel3

非常に小さく感じます。汎用型のインナーケースって無駄なスペースが多くてユルユルな感じしますよね。それに比べて非常にタイトです。無駄がない形。そして触り心地がしっとりして滑らかで優しいです。毎日使うものなので、こういう感覚って大事ですよね。

ファスナーを開けてみます。

coteciel4

綺麗な黄緑の裏地に白抜きでロゴがプリントされています。思ったより生地に厚みがあり、保護性能が高そうです。機能性にも妥協していない専門ブランドらしい作りです。
ファスナーのすぐ下が盛り上がっています。これがセイフティーリップで、ファスナーを閉じたときに本体に金具が当たって傷ついたりしないように保護する役目になっています。こういう繊細な仕様になっているケースって実は余り無いです。大事に使いたい派には嬉しい部分です。
もう一つの特徴である裏ファスナーですが、これは、普通は閉じた時に出るギザギザが表面に出ない仕組みです。ギザギザ部分が内側に来るように作ってあって、それをセイフティーリップで囲むことで、表も裏も傷が付かない仕組みです。インナーケースが鞄の中で動いても鞄に傷が付いたりしないということですね。いやあ、ほんと繊細。

では、実際にMacBook Airを入れてみます。

coteciel006

ピッチピチです。

coteciel007

寸分の隙間も無くピッチリと格納されました。

デザイン性と機能性が両立したこちらの商品、買って大正解でした。

なお、Cote&Ciel公式サイトでは、2016年3月3日時点で、MacBook Air 11サイズは全てSold Outになってしまっています。(私のが最後だったのかも。)

スリーブ | côte&ciel | コートエシエルの公式通販

Yahooショッピングでピンクがまだ残っているようですが、公式で売り切れなので再入荷は無いでしょうから、購入するならお早めにどうぞ。
(春ですし、ちょうど新商品への入れ替えのタイミングなのだと思います。しばらく待てば新デザインのものが発売される気がします。あ、でも、MBA11サイズは・・・。)

 - mac , ,